平昌五輪のボランティアから悲鳴 通勤に往復2、3時間かかる人も

ざっくり言うと

  • 平昌五輪のボランティアに対する勤務環境の問題が取り沙汰されている
  • ある人は往復3時間の通勤を含めると、勤務時間は1日に12時間以上になるそう
  • 宿所の温水供給が決まっており、冷水でシャワーを浴びた人もいるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング