仏代表DF、氷点下20度“半裸”の衝撃行動 スーパーボウルに興奮、写真物議「完璧な野獣」

写真拡大

負傷によりアメリカでリハビリ中のシティDFメンディ、スーパーボウル観戦で大熱狂

 マンチェスター・シティのフランス代表DFバンジャマン・メンディは右膝前十字靭帯断裂で戦線離脱しており、アメリカでリハビリ中の身だが、フィラデルフィア・イーグルスの初制覇で幕を閉じたスーパーボウルを現地観戦。

 大興奮のあまりに氷点下20度という極寒の夜に半裸を披露し、物議を醸している。

 メンディは寒空の下、ハイテンションだった。自身のインスタグラムで動画を公開。そこではマイナス18度で雪の降る待ちながら、寒さに身を震わせながら「ハロー!」と通行人に声をかけると、突如リハビリの様子をリポートした。トレーナーの指導で細かいステップ練習を繰り返すと、復調の様子を示している。

 ミネアポリスのスーパーボウルの舞台となるUSバンクスタジアムで、アメフトファンとの自撮り動画やイーグルスの応援歌を熱唱するなど大興奮。挙げ句の果てには、アドレナリンが出過ぎたのか、夜道で筋骨隆々の半裸姿でのカッツポーズする写真を公開し、白い下着も大きくはみ出している。

「ミネアポリスはマイナス20度だが、シャークは風邪を引かない」とメッセージを記した。「シャーク」のあだ名で知られるサイドバックの衝撃行動に、ファンの反応は様々だった。

英紙も特集「寒さにも勇敢さを見せた」

「完璧な野獣だ」「レジェンド」「なんてボスなんだ」「君はクレイジーボーイだ」「早く帰ってきて。君が本当に必要なんだ」「ビースト!」「酔っ払い」「グアルディオラが何というか」などのコメントが並んだ。

 リハビリ中のメンディのハイテンションぶりに英メディアも注目。「バンジャマン・メンディは寒さにも勇敢さを見せた。スーパーボウル2018を爆笑ビデオで喜ぶ」と英紙「デイリー・メール」も特集していた。

 プレミアリーグを独走するシティ。スーパーボウルの熱戦に刺激を受けたメンディが復帰した時、リーグタイトル獲得に向けてさらなる追い風が吹きそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images