画像提供:マイナビニュース

写真拡大

インターネットイニシアティブ(IIJ)は2月6日、新技術を採用したシステムモジュール型データセンター「白井データセンターキャンパス」を新設すると発表した。新データセンターは千葉県白井市に建設し、2019年春に稼働開始を予定している。

新データセンターは敷地面積約4万平方メートルに最大50MW(メガワット)の受電容量を備え、6,000ラック規模の設備収容が可能。DC建屋の工法として「システムモジュール型」を採用することで、柔軟な拡張性、短工期、低コストを実現し、デジタルデータの増大に応じて段階的に拡張していく。

設備メーカーと協力し、空調設備、電気設備、サーバなどの稼働情報をAIで制御することで、データセンター全体の省エネ性能向上や異常検知能力向上を図る。運用業務にはロボット技術の応用が可能と考えており、運用の自動化にも積極的に取り組んでいく。

松江データセンターパークで実績がある、エネルギー効率に優れた「外気冷却空調」とAIを用いた空調、エネルギーコントロールにより電力使用効率PUE1.2以下を目指す。