画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTドコモは5日、2画面スマートフォン「M Z-01K」(ZTE製)の発売日を、2月9日と発表した。予約は1月12日から実施しており、販売開始前日まで受け付ける。

2017-2018年冬春モデルとして登場した、2画面のスマートフォン。外側に折りたたむと、一般的なスマートフォンと同じように利用できる(前面・背面の両方がディスプレイとなる)。本体を開いて2画面にすると、1つのアプリを2画面に拡大して表示できるほか、別々のアプリを1画面ずつ起動させ、例えば1つの画面で地図を見ながら、もう1つの画面でWebサイトを表示させたりすることが可能。

当初の発売予定は1月以降とされていたが、今回、2月9日の発売が案内された。端末価格は総額92,664円で、24回払いの場合月額3,861円。月々サポートを適用した場合は月額2,079円が割り引かれ、実質負担金は月額1,782円、総額42,768円となる(いずれも税込)。主な仕様は下記の通り。

OS: Android 7.1.2

CPU: Snapdragon 821 クアッドコア/2.2GHz+1.6GHz

内蔵メモリ: 4GB

ストレージ: 64GB

外部ストレージ:microSDXC/microSDHC/microSD(最大256GB)

サイズ: W72×H151×D12.1mm

重量: 約226g

ディスプレイ(解像度): 約5.2インチ TFT×2(1,920×1,080ピクセル)

メインカメラ: 約2,030万画素

インカメラ: ―

バッテリー容量: 2,930mAh

連続待受時間: 410時間(LTE時)

通信速度: 受信最大500Mbps/送信最大50Mbps

Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n/ac

防水/防塵: ―/―

生体認証: ○

ワンセグ/フルセグ: ―/―

接続端子: USB Type-C

カラーバリエーション: Black