2018年2月22日に発売となる、ナイキの新ランニングシューズ『ナイキ エピック リアクト』(税込1万6200円)。ただの新作と侮るなかれ、これは今までにないナイキ独自のクッション材「ナイキ リアクト テクノロジー」を使用した、まったく新しいランニングシューズなのだ。

【詳細】他の写真はこちら

「ナイキ リアクト テクノロジー」の1番の特徴は、“クッション性”・“反発性”・“軽量性”・“耐久性”の相反する4つの性質を兼ね備えていること。これまではクッション性を重視するなら柔らかい素材、反発性を重視するならエネルギーリターンのある固い素材を使用する必要があり、4つの性質をひとつの素材で実現するのは不可能だと考えられていた。

そこでナイキの科学者や素材エンジニアが研究を重ね、およそ3年の月日をかけてようやく完成させたのが今回の新たなクッション材である。これにより、多くのランナーが望む4つの性質を合わせ持った究極のランニングシューズが誕生したのだ。



そしてこの技術を最大限に活かすため、ソールのデザインにも秘密が隠されている。ぱっと見は、よくある流線形のように見えるが、これはアスリートが実際に走ったとき、足のどの部分にどれだけの負荷がかかるのかというデータをもとに、その圧力を分散させるように計算されて作られた形なのだとか。凹凸の深い部分でしっかりと衝撃を吸収し、浅い部分で固さを維持してエネルギーリターンを高めているというわけだ。



実際に試着し走ってみたところ、軽さや足への衝撃の少なさ、そして地面からの反発をすぐに感じられた。「走るのが楽しい、もっと走りたくなる」と素直に思ったほどである。



『ナイキ エピック リアクト』は初心者から本格的なランナーまで、どんなユーザー層にも幅広く対応するオールラウンドモデルだ。普段から走っている人はもちろん、ランニングをする習慣がない人こそ試して、走ることの楽しさを再体験してもらいたい。

関連サイト



ナイキ リアクト(Nike.com)

textコバヤシユウタ(編集部)