『DEVILMAN crybaby』 Netflixにて全世界独占配信中 ©Go Nagai-Devilman Crybaby Project 原作:永井豪「デビルマン」/監督:湯浅政明/脚本:大河内一楼/音楽:牛尾憲輔

NetflixやAmazon(プライム・ビデオ)などグローバルな動画配信サービスで、日本アニメの配信が進んでいる。またAbemaTVでもアニメが主力ソフトとなっている。今後も拡大するネット配信ビジネスにおいても、日本独自の「大人アニメ」は、さらなるキラーコンテンツとして期待されているようだ。

Netflixの『シドニアの騎士』が意味するもの

2015年9月に日本上陸を果たしたNetflixは、その直前に日本のアニメ『シドニアの騎士』(注:『シドニアの騎士』=2014年4月クールでTBS系列で放送されたフル3DCGのSFアニメ。15年4月には2期(続編)が放送された。アニメーション制作はポリゴン・ピクチュアズ。完成度の高い独特な世界観とストーリー、手描きでは不可能な激しい動きなどで多くのファンに支持された)を世界独占配信し、記者会見でもそれを強調するなど、当初からアニメに力を入れていることが窺えた。NetflixのPR担当ディレクターの松尾崇氏によれば、『シドニアの騎士』は、同社が真剣にアニメに取り組む、いわば礎的な存在だったという。


当記事は『GALAC』3月号(2月6日発売)からの転載です(上の雑誌表紙画像をクリックするとブックウォーカーのページにジャンプします)

大人の鑑賞に堪えるアニメが支持されているのは、世界のなかでも日本独特の現象だ。海外でアニメ映画を楽しむ構図は、ディズニーのアニメを子どもに見せるために大人が一緒に行って、(ついでに)自分も楽しむという光景しかない。一方、日本ではどうか。16年に大ヒットした『君の名は。』を、子どもと一緒に見に行くという光景は想像できるだろうか。海外では、このような“大人だけ”をターゲットにしたアニメ作品はほとんど存在しない。大人のアニメファンはごくごく少数なのだ。

日本のアニメは大人をも虜にする。これにいち早く気づいたのがNetflixであり、そのきっかけになったのが『シドニアの騎士』なのだ。アニメファンでなくても、この作品を見れば面白いと思うはずだ。ところが海外では、この面白さを知らない大人が大多数だ。だから「大人が楽しめるアニメ」という新たなジャンルを立ち上げれば、新たなユーザーを獲得できる。Netflixにとって日本のアニメは、全世界で新たなユーザーを開拓する強力なエンジンとして期待されている存在なのだ。

前出の松尾氏も、「日本アニメのターゲットはまったくアニメを見たことのない人たちで、『シドニアの騎士』は、アニメを子どもだけのものではなく、大人でも楽しめると気づかせてくれたという意味では、マイルストーン的なものでした」と話す。

Netflixのなかで、日本アニメは世界中で見られている。前出・松尾氏はこれを「トラベル」すると表現する。ユーザー数は世界で1億900万人おり、昨年米国のユーザー数をそれ以外の国のユーザー数が上回ったという。190カ国でサービス展開するなかで、日本アニメは米国だけでなく、南米やヨーロッパ、東南アジアなどでコアなファンに支持され「トラベル」している。

世界的には外国コンテンツは吹替えで見るのが標準だが、日本アニメに関しては違う。日本アニメが好きな外国人は「聞いてわからなくても日本語がいい」と、日本語音声の字幕版で見る傾向が、特に南米やヨーロッパで強い。さらにコアなファンは、字幕版と吹替え版の両方を見るそうだ。子どもが見るのは吹替え版だ。大人だからこそ、日本語を音で聴き、読むのが面倒な字幕版を見る。日本アニメが大人に支持されている証といえる。


松尾 崇(まつお たかし)/Netflix日本法人でブランド広報を担当。制作者の自由な発想と表現を重要視する同社の考えのもと、数多くの優れた作品を世界各国の視聴者に見て貰えるのが楽しみという

Netflixは日本でのユーザー獲得に苦戦しているという噂を耳にしていたが、松尾氏にその旨を聞いたところ、「順調に伸びている」という答えが返ってきた。少なくとも計画通りに推移しているとのことだ。日本と似たような環境、似たような人口構成比の国と比較すると、ユーザーの増え方は日本のほうがやや早いくらいだとも。

スタート当初は貧弱だった日本アニメのラインナップも、アニメに特化したチームを作って強化した結果、テレビ放送作品や映画上映作品の独占配信は、この1年でかなり増えた。次に乗り出すのはオリジナル作品だ。

Netflixがオリジナル作品に力を注いでいることはよく知られているが、いよいよ日本アニメでもそれが始まった。

2018年1月5日から、ファーストウィンドウとなるオリジナル作品『DEVILMAN crybaby』を配信している。永井豪の『デビルマン』が原作となる同作品は、テレビ放送では難しいと思われるような表現が多用されている。例えば首が飛ぶ、血がドバッと出る、あるいはお色気シーンなど、まさに永井豪ワールドを体現する。Netflixでは「クリエイティブ・フリーダム」を標榜し、プロデューサーや監督、そして原作や脚本のクリエイティブで自由な発想や表現を最大限尊重することを重視しているのだ。

Netflixが起こす地殻変動

NetflixやAmazonなどのグローバルな動画配信サービスは、日本アニメ調達のために非常に高額な値段を提示していると言われ、通常の5倍から10倍の値がつくこともあると噂されている。フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」や、TBS・MBS系の「アニメイズム」は、Amazonに独占配信権を継続的にセールスしている。フジもTBSも、自社で有料配信サービスを行っているにもかかわらずだ。いかに魅力的な条件かが窺える。

前出・松尾氏は価格水準については言及しなかったが、むしろクリエイターは、世界中に作品を見てもらえるチャンスが広がることをエキサイティングに捉えている。

自分の作品が世界中の人に見てもらえる──。今までになかったことが起きているのだ。豊富な資金、自由な表現、そして世界進出が容易に実現できる。クリエイターから見れば非常に魅力的だ。今後、有力な制作プロダクションが、放送より配信を優先するケースも出てくることも考えられる。

2017年のNetflixのコンテンツ投資額は60億ドル(約6800億円)だったが、18年は80億ドル弱(約9000億円)まで拡大するといわれている。9000億円、1億人以上という規模は、日本の国内向けメディア企業ではテレビ局を含めても足元にも及ばない。

それが全世界をマーケットにするグローバル企業の力だ。NetflixやAmazonの今後の日本戦略は、アニメだけでなく日本のコンテンツ産業全体に地殻変動をもたらすかもしれない。

5つのアニメチャンネルを展開するAbemaTV

2016年4月にサイバーエージェントとテレビ朝日の共同出資でスタートしたAbemaTVは、専用アプリのダウンロード数急増で注目された。ニュース、バラエティ、ドラマ、韓流、麻雀、将棋など全部で約20chある(注:約20ch=Abema TVでは、突発で大きなニュースが入ったり大きなイベントが行われたりする際には、そのために1chを臨時に増設して対応している。例えば、通常は23chだが容易に24chにも25chにもできる。こうした柔軟な体制を取ることができるのは、テレビ放送と根本的に異なる点である)が、そのうちアニメは5ch(18年1月時点)と最も多くを占めている。しかし同社アニメ局局長の椛嶋麻菜美氏は「スタート当初は作品調達で苦労した」と言う。


椛嶋 麻菜美(かばしま まなみ)/2007年サイバーエージェント入社。15年4月から「AbemaTV」アニメ専門チャンネルの責任者を務める。17年「CA-Cygamesアニメファンド」を設立し、アニメ制作領域にも進出

AbemaTVがスタートしたのは、Netflix、Hulu、dアニメストアなど動画サイト全盛期の真っ只中だった。コンテンツ調達のため権利を持つ会社に1社1社足を運んで営業したが、そこでよく言われたのは、「最後発だし、無料でやっていくのは難しいのでは?」という言葉だったという。しかし実際に開局してみると、視聴数の伸びとコメント数が全ジャンルのなかでアニメが圧倒的に多く、当初は全視聴数の約5割がアニメで、今でも安定して3〜4割を占めている。

AbemaTVのユーザー層は、全体では他社サイトより10〜20代が比較的多いが、アニメに関しては25歳から35歳のいわゆる大人が多くなっている。前出・椛嶋氏は「ユーザー層はもっと広げられる」と言う。椛嶋氏自身はもともとアニメをまったく知らなかったが、開局準備の際に担当することになると、『機動戦士ガンダム』など名作から、深夜アニメを動画サイトのトップランキングまでを片っ端から見て研究した。

そのうち「アニメは面白い、もっと早く知ればよかった」と思うようになったそうだ。「素晴らしいアニメ作品を編成したら、自分のように面白いと感じるユーザーが増えるだろうし、必ず増やすつもりです」と、椛嶋氏は言う。

AbemaTVのアニメチャンネルでは、地上波と同時配信や、地上波より独占先行配信するケースも出てきている。17年1月には地上波より30分先行する配信を実現した。

最近は制作サイドが、AbemaTVは地上波の視聴率を奪わず、むしろプロモーションを頑張ってくれるので作品の盛り上げに貢献してくれると評価するようになり、先方から地上波と同時配信をやりたいと声がかかることも増えてきたという。

このような制作サイドの評価は、AbemaTVの機能面の工夫によるところが大きい。AbemaTVのユーザーインターフェースは、テレビ放送とは大きく異なる。20chのなかから自分の見たいチャンネルを探し出したり、映像を見ながら番組表を見たりといった操作は、細かいところまで作り込まれており非常に快適だ。

テレビにはできない「盛り上がりの共有」

また視聴者のコメント機能が新たな視聴者獲得にも貢献している。AbemaTVでは番組を視聴しながらユーザーのコメントが見られるのだが、それをツイッターに投稿できる機能をつけたところ、番組に関連したハッシュタグが、リアルタイムでツイッターのトレンド入りすると、それを見た新しい視聴者がきてくれるようになった。特にアニメはその流入が非常に多く、さまざまな企画で毎回ハッシュタグを作っているそうだ(注:ハッシュタグがトレンド入りする=「ハッシュタグ」は、ツイッターで投稿内にハッシュマーク(#)がついたキーワードのこと。キーワード検索が容易にできるようになる。トレンドは、ツイッターのタイムライン上で使用頻度が高く、短時間で急上昇した話題性の高い幾つかのワードが画面上に表示されること。ここに入ることを「トレンド入り」という)。

画面に番組の累計視聴数とコメント数を表示する機能もある。例えば「視聴数20K」はAbemaTVの算定では延べ2万回の視聴があったということになる。非常に多いときはKではなくMがつく。ミリオン、つまり100万単位だ。するとコメント欄でユーザーたちが「Mだ!100万だ!」と祭り状態になるという(注:祭り状態=膨大な書き込みが殺到し、コメント欄がものすごいスピードで流れるようになる。17年4月に『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』を日本初配信した時は110万視聴を越え、大きな反響を呼んだ)。

みんなで一緒に見る「盛り上がりの共有」は、今の地上波テレビにはない新しい付加価値だ。技術的には放送でも可能だが、かといって現場の努力だけで実現するものではない。AbemaTVは経営トップが自ら率先してサービス開発に臨んでいる。メディア企業の経営者は資質が問われる時代だ。SNSの実態や最新技術の情報などの知見がなければ、進むべき方向を示す旗すら立てられない。さてテレビ局はどうだろうか?