プルムウォンの納豆(同社提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】近年のヘルシー志向の高まりを追い風に、韓国で納豆の販売が急速に伸びている。

 調査会社などによると、2017年の韓国の納豆市場規模は325億ウォン(約32億4000万円)ほどと推定され、14年に100億ウォンを突破してから3年で300億ウォンの大台に乗った。

 市場の成長をけん引したのは食品大手プルムウォンだ。05年に韓国人の味覚に合うよう納豆特有のにおいを抑えた商品を発売し、17年には納豆を263億ウォン売り上げ81%のシェアを記録した。今年は若者らをターゲットに、トレンディ―な食材として注目されるわさびを添えた新商品も売り出した。