わたしたちは日頃の歯磨きの際、虫歯や歯周病の原因となる歯垢の除去には勤しんでいるものの、歯石にいたっては落ちないからと、長期間放置している人がほとんどです。でも歯石を放置すると虫歯どころか、思わぬ病に繋がることがあります。無視されがちな歯石の放置リスクについて紹介しましょう。

歯垢と歯石の違いは?

よく歯の汚れとして、歯垢という名前は聞きますが、歯石にいたっては良く知らないという方もおられるでしょう。歯垢はプラークとも呼ばれ、虫歯や歯周病の原因となる、言わば細菌のカタマリのことです。歯垢は食物の栄養を糧にして急激に増殖し、やがてネバネバした物質を形成し、歯の表面にこびりつきます。歯垢わずか1mgの中には、およそ300種類・数億〜10億もの細菌が住み着いていると言われています。まさに細菌のカタマリですよね。そんな歯垢ではありますが、わたしたちが毎日念入りな歯磨きを行っておけば、大抵は取り除けるものです。

しかし歯石にいたっては違います。歯垢が除去されることなく2日間程度残存することで、やがて歯石へと変ります。歯垢は唾液中のミネラルと結合して硬くなる性質を持っているためです。一度歯垢が歯石へと変わってしまえば、歯磨き程度では除去できなくなります。歯垢も歯石も虫歯や歯周病の原因となる意味では同じですが、何せ歯石は歯ブラシでは落とせず、最悪重篤な病に繋がるリスクともなり得るものなのです。

歯石の放置リスク

では歯石は放置しているとどうなるのでしょうか。まずは通常以上に歯垢等の汚れがたまりやすくなってしまうこと。強いては虫歯や歯周病に繋がってしまうということですね。一方重大なのが、細菌のカタマリである歯石から細菌が血管を通って伝播されることで、心臓病や心筋梗塞を誘発し、心臓病や糖尿病を悪化させる原因となることです。虫歯や歯周病で口内環境を悪化させるだけでなく、重篤な病気を誘発させる原因になるともすれば、いかに歯石の放置が危険であることがおわかりいただけたと思います。

歯石は歯医者で除去してもらおう

歯石は非常に硬くこびりつく性質があるので、歯医者を訪れ除去してもらうのがベスト。一般的には数千円程度の治療費で行ってもらえるようです。とはいえ理想を言えば歯石を蓄積させないことが一番ですよね。一生懸命歯を磨いても歯石はできるものといわれていますが、毎日しっかりと歯を磨くことで、その付着・蓄積は最小限に抑えられるため、入念なオーラルケアは心がけておきたいところです。今歯石が付着している方は、すぐにでも歯医者で除去してもらい、できるだけ放置しないようおすすめします。


writer:サプリ編集部