満月の晩はバイクの運転は要注意!(depositphotos.com)

写真拡大

 1月31日、約150年ぶりに「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が観測された――。

 皆既月食で月が赤銅色を帯びる「ブラッドムーン」、満月がひと月で2度起こる「ブルームーン」、さらに満月がひときわ大きく見える「スーパームーン」の3つが重なるという、とても珍しい現象だ。

 前回観測されたのは1866年3月。当時の日本は、政治を司る江戸幕府が大きく変わり、1867年2月13日に明治天皇が即位。明治維新が幕を明けた。

 奇しくも今年は新しい元号が発表され、来年は平成が終わりを告げ、今上天皇から皇太子に皇位継承がなされる。天皇の生前退位は、江戸時代以来200年ぶりだ。

 そんなこともあり、今回のスーパー・ブルー・ブラッドムーンを巷では「新たな事象のはじまり」とささやかれているようだ。

満月の夜には「何か起きるかも......」という不思議な予感

 地球から最も近い天体である月に対して、古来、人々は「親しみ」と「畏敬」の念を抱いてきた。現代に生きる私たちも、大きな満月を眺めながら「こんな夜は何か起きるかも......」という不思議な予感に囚われることがある。

 月の満ち欠けと人間界で起こる出来事、たとえば事故や犯罪などとの関係については、古くから多くの言い伝えや都市伝説的なものがある。科学がそれを放置してきたはずもなく、現在に至るまでさまざまな研究が行われている。

 しかし今のところ、私たちは決定的な「決め手」を掴むことができていない。

インドの満月の夜は犯罪率が2倍以上?

 たとえば、満月や新月などの「月齢」と「犯罪発生率」との関係を調べた研究がある。特に強い相関を示したとして有名なのが、1984年12月、『BRITISH MEDCAL JOURNAL』に掲載された「Full moon and crime」という論文だ。

 研究では1978〜1982年の5年間にわたり、約300km離れた3つの町の警察署に報告された犯罪の発生率を調べ、月齢との関係を調べた。その結果、満月の日の犯罪発生率はそれ以外の日の2倍以上となり、驚くほど高くなった。

 このデータ自体は正しい手順で導き出された正当なもので、一見すると「確かに満月が人の犯罪心理に大きな影響を与えている」ように見えるが......。

 論文を発表したインドのPatna Medical Collegeの研究者は「月の重力に起因する体内の潮位変化が、身体の物理的、生理学的、生化学的変化を引き起こし、そのために犯罪を犯す衝動は増加するのかもしれない」という仮説を立てている。

 この研究仮説は、1980年代にアメリカの精神科医A・L・リーバーが提唱した「バイオタイト理論」とよく似ている。「月の引力が、犯罪や交通事故、出産、心臓病などに影響する」という統計をもとにしたもの。

 日本でも『月の魔力』(東京書籍)という著書が出版され、一世を風靡するほどの話題を呼んだ。

否定された「体内の潮の満ち引き」論

 しかし、その後、これらの研究は否定されることになる――。

 バイオタイト理論は「肝心の統計の取り方に偏りがある」など多くの問題点が指摘され、科学的見地から「ほぼ根拠がない」と一蹴されてしまった。

 同様に先のインドで犯罪に関するの研究についても、「データを取ったのがインド国内だけ」という理由で疑問視されている。インドのように太陰暦を採用している国では、祭事が満月や新月の日と重なるため、人々の活動が活発になり、必然的にトラブルも増える可能性がある。

 月齢というより、こうした社会的背景が強く影響を及ぼした結果だと考えられているからだ。

 それ以後も、犯罪率や交通事故の発生率と月の関係について多くの研究が行われてきたが、否定的な結論に落ち着くものが多かった。

再び科学的な検証が!スーパームーンでバイク事故死が1.3倍に

 しかし、最近の新しい研究の中には、注目したいものもある。

 たとえば、アメリカの刑事司法誌『American Journal of Criminal Justice』に2017年3月に掲載された論文だ。研究者たちは、米国の13州で午後10時〜午前2時の間に「屋外」で発生した犯罪に月明かりが及ぼす影響を調べた。その結果、月明かりが強い夜は屋外での犯罪が著しく増加することがわかった。

 これまでの研究は、屋内と屋外の犯罪を一緒に統計していたため、余計な変数が生じていた。しかし今回の研究によって、「月の照度が強くなることは、全犯罪と屋内犯罪にほとんど影響しない一方で、屋外の犯罪活動を有意に増加させる」ことが明らかになったという。

 一方、『British Medical Journal(BMJ)』(2017年12月11日号)に掲載された報告によれば、オートバイ事故に限定すると、満月が死亡事故のリスクを増大させることがわかった。

 これは満月がオートバイ事故死の一因となるかを調べる目的で、カナダの研究グループが1975〜2014年の40年間に米国で発生した夜間(午後4時〜午前8時)のオートバイ死亡事故約1万3000件について解析したものだ。

 死亡事故の背景としては、正面衝突、ヘルメット未着用、排気量の大きなストリートバイク、発生場所が地方であること、ライダーに中年男性(平均年齢32歳)が多いことといった特徴があった。

 死亡事故の発生は、「満月の夜で1夜当たり9.10件」「満月ではない夜で1夜当たり8.64件」。満月でのリスクは1.05倍となるが、その差は偶然ではなく統計学的に有意なものだ。さらにスーパームーンでは、リスクは1.32倍とより高くなった。

 研究グループは「人は自然と満月に気が引かれるもので、それがオートバイの衝突事故を招いているのではないか」と仮説を立てている。「このリスクを知ることで、満月の夜のオートバイ運転には注意するよう喚起し、一瞬の気の緩みの危険性を認識するのに役立つだろう」と著者は述べる。

満月までの3日間でウシの出産数が増加する

 ヒトではなくウシが対象ではあるが、東京大学大学院農学生命科学研究科は、2016年に「出産と満月」の関係が科学統計的に示されている。

 これまで産科医やウシ農家は「満月の頃に出産数が増える」という実感を持っていたが、科学的に示された報告はなく、むしろヒトでは否定的な報告が多かった。しかし、ヒトは栄養状態や社会環境などによる差が大きいため、研究で有効な結論を得ることはとても難しい。

 そこで研究グループは、ヒトより均一なデータの得られやすいウシをモデル動物として研究を行った。その結果、「満月の前から満月にかけての3日間でウシの出産数が増加する」ことが初めて明らかにされたのだ。

 研究グループは、月光によるホルモンの一種「メラトニン」の分泌変化が関与していると仮説を立てて、さらなる研究を計画している。この成果は、出産メカニズムの深い理解や、産科医、農家、妊婦らが出産前後の計画を立てるのに有益な情報となることが期待されているという。

 これらの新しい研究では、80年代のような月の「引力」ではなく、いずれも「光」の影響にフォーカスしている点が興味深い。

 今後の月に関する研究では、特定の事象や対象との相関を調べ、複雑に影響する因子を取り除くことで、何らかの因果関係がわかってくるだろう。長い歴史の中で「月の魔力」と呼ばれていたものの存在が否定されることなく、科学的に照明される日も近いかもしれない。 
(文=編集部)