ココアに豆板醤ちょい足しでコクと旨味がアップ

写真拡大 (全3枚)

 いつも決まった味付けばかりで、気付けば冷蔵庫の中で賞味期限切れ…。なかなか上手に使い切れない調味料を、マンネリにならず、おいしく使い切る方法を大研究。「えっ? 意外!!」という驚きのマリアージュこそ、使い切りの鍵だという。

「調味料を使い切るには、固定観念にとらわれず、新たな味の冒険を楽しむことです」

 と、料理研究家・栄養士の青木敦子さん。余らせがちな調味料の代表格であるオイスターソースも、年に20本は使い切るというツワモノだ。

「オイスターソースは、しょうゆ感覚で。炒め物はもちろん、煮物やカレー、ハンバーグ、卵料理など、何にでも使える調味料なんですよ」

 “異色の組み合わせ…?”と思いきや、新たなおいしさに出合えることが多いという。

「和・洋・中などジャンルの枠にとらわれず、使える料理の幅が広がれば、使い切るのは簡単。意外な組み合わせ、と思っても、案外クセになることもあるんですよ」

 ではここで、「使い切れない調味料BEST10」をご紹介。使い切るためには、ワンパターンな使い方を脱した“新発想”がポイント。まずは手軽なちょい足しで、こまめな消費を心がけてみて。

◆1位 豆板醤
 中国が産地。そら豆に麹と塩、唐辛子を加えて熟成させた辛いみそ。発酵食品同士であるチーズやみそと好相性。油っぽさを消すので唐揚げに添えても◎。ちょい足しはココアにオススメ。少量加えるとココアの甘さが際立ち、後からほんのりスパイシーに。体も温まり、ココアの持つ成分で風邪予防の効果も。

◆2位 焼き肉のたれ

 しょうゆをベースに玉ねぎ、にんにく、果物、ごま、砂糖などが入った焼き肉用のたれ。甘味&スパイスが効いたしょうゆ味の調味料と思って。ちょい足しは、オリーブオイルに。焼き肉のたれ、オリーブオイル、酢を1:1:1で混ぜるだけで、コクのある即席和風ドレッシングが完成。

◆3位 粒マスタード
 カラシナの種子を酢などで味付けした香辛料。野菜の甘味を強調し、肉の油っぽさを緩和してくれる。濃い味の料理にも負けず、熱にも強い。意外や意外、かぼちゃ煮にちょい足ししてみて。甘じょっぱいかぼちゃの煮物に添えると、洋風のかぼちゃサラダ風に。かぼちゃの甘味がより際立つ。

◆4 位 オイスターソース
 塩蔵貯蔵したかきの煮汁の上澄み液を加熱濃縮したエキス。アミノ酸が豊富で、濃厚なコクと旨味が特徴。少量でもコクが出て、どんな食材もおいしくまとめる。ちょい足しは、肉まんへ! 肉まんを割り、オイスターソースを少量つけると、本格的な味にランクアップ。肉汁の旨味がグンと増す。

◆5位 バルサミコ酢
 ぶどうで作る酢。イタリアの伝統的な製法では12年以上熟成させるものも。肉や魚料理のソース、香り付けなどに使われ、煮詰めると酸味がやわらぎ高級な味に。まさかの組み合わせはいちごジャム。いちごジャムに加えると甘味が抑えられ、酸味が加わる。カナッペなどにのせればお酒にも合うおつまみに。

◆6位 ラー油
 ごま油に唐辛子を入れて加熱し、辛味を移した油。みそ汁やスープに1〜2滴加えるとごま油の風味が香り、辛味成分で体がポカポカ温まる。お刺身へのちょい足し、おためしあれ。しょうゆに、わさびの代わりにラー油を加えるだけで、ごま油の効いた韓国風に。ユッケのような味で驚き!

◆7位 ポン酢
 しょうゆやだしに、ゆずやかぼすなどの柑橘類を搾ったさわやかな酸味のある調味料。しょうゆよりもさっぱりしているので、肉や魚をあっさり食べたいときに。納豆へのちょい足しは試したことある? 大豆製品との相性がよく、納豆をポン酢で和えるとほどよい酸味でおいしく。しょうゆより塩分も控えめ。

◆8位 黒 酢
 玄米を自然発酵させ、長時間熟成させて作る黒褐色の酢。アミノ酸が大量に含まれ、脂肪燃焼、血圧低下、美肌効果あり。煮詰めると甘くなる。黒酢はまさかの塩辛に。生臭さがやわらぎ、黒酢の酸味がいか本来の甘味や旨味を引き立てる。混ぜながら食べるのがおすすめ。

◆9位 コチュジャン
 蒸した米に麹、塩、粉唐辛子を混ぜ、熟成発酵させた韓国の調味料。甘味のある辛さが特徴で、和食との相性も◎。魚の臭みを消す効果も。マカロニサラダに入れるとこってりしたマヨネーズと絡んでヤミツキ味に。辛味と甘味、コクをプラス。

◆10位 ゆずこしょう
 九州地方の名産品で青ゆず、青唐辛子、塩を混ぜてペースト状にしたご当地調味料。青ゆずのさわやかな香りと辛味が特徴で、少量でもさっぱりした和テイストに。こんなちょい足しはじめてかも!? オニオングラタンスープに入れてみて。玉ねぎの甘味が溶け込んだスープに添えると、辛味が全体の味を引き締める。ほのかな青ゆずの香りも絶妙。

撮影/キミヒロ

※女性セブン2018年2月15日号