「PO-33 K.O!」(画像: ティーンエイジ・エンジニアリングの発表資料より)

写真拡大

 ティーンエイジ・エンジニアリングは2日、手のひらサイズのボイスサンプラー「PO-35 speak」と、音楽サンプラー「PO-33 K.O!」を発表した。14日より販売開始される。価格は「PO-35 speak」、「PO-33 K.O!」共に11,880円(税込)となる。

【こちらも】BoCo、骨伝導イヤホン対応のモバイルヘッドホンアンプ「WBA-1」発売

●ボイスサンプラー「PO-35」

 PO-35は、声を録音するとエフェクトを利用してボイスチェンジが可能で、子供から大人まで楽しめるアイテムだ。本体にマイクが搭載されており、そのまま録音ができる。声素材は、内蔵されている8パターンのエフェクトで変えることが可能だ。ドラムの音も搭載されており、ボイスチェンジした声素材に重ねて簡単な楽曲制作にも利用できる。

 「ボイスキャラクター」も8パターン内蔵し、「サンプルメモリー」は120秒となっている。乾電池2本(単4型)で動作が可能で、時計(アラーム機能あり)も搭載している。スピーカーを内蔵しており、出力や入力は3.5ミリのオーディオ端子となっている。

●音楽サンプラー「PO-33」

 PO-33は、楽曲やビートをサンプリング(録音)できる音楽サンプラーだ。40秒間の楽曲を、オーディオ入力端子や搭載しているマイクからサンプリングする。録音した音楽素材は、エフェクト加工、ドラム・メロディー加工が可能だ。

 エフェクトは16パターン搭載し、シーケンサー機能も内蔵している。PO-35と同様、乾電池2本(単4型)で動作が可能だ。1カ月間連続駆動でき、最大保持期間は2年間だ。

●ティーンエイジ・エンジニアリングとポケットオペレーターシリーズ

 ティーンエイジ・エンジニアリングは、スウェーデンに本部を置くシンセサイザーなどを開発・販売する企業だ。今回の小型サンプラーを含めた「ポケットオペレーター」シリーズを発表している。同シリーズは、ドラムマシン、シンセサイザー、サンプラー、ボイスサンプラーなど多彩な種類が発売されている。