ミライロの垣内俊哉氏

写真拡大

 中小企業基盤整備機構は5日、東京都港区の虎ノ門ヒルズで「ジャパンベンチャーアウォード(JVA)2018」の表彰式を開いた。経済産業大臣賞にはミライロを選んだ。垣内俊哉社長は「日本のバリアフリーは世界でも高い水準にある。ここで培ってきたことを世界にしっかりと発信していき、事業を広げていくことでバリアをバリューとする世界を実現していきたい」と決意を述べた。同社は施設、製品などのユニバーサルデザインのコンサルティングや研修、調査などを行う。

 同賞は新事業や市場開拓に挑む起業家を表彰するもの。今回で17回目となる。また昨年より、起業家育成に貢献したベンチャーキャピタリストを表彰する「ベンチャーキャピタリスト奨励賞」を設立した。両賞を合わせて過去最高の185名の応募があった。

 経産大臣賞以外の受賞者は次の通り。

【中小企業庁長官賞】
MUJIN 滝野 一征氏
コネクテックジャパン 平田 勝則氏
【中小機構理事長賞】
ツーセル 辻 紘一郎氏
光コム 福沢 博志氏
【JVA審査委員長賞】
Liquid 久田 康弘氏
【バイオ産業推進特別賞】
サンバイオ 森 敬太氏
【ワークライフバランス推進特別賞賞】
minitts 中村 朱美氏
【eコマース推進特別賞】
エアークローゼット 天沼 聰氏

【ベンチャーキャピタリスト奨励賞】
プライマルキャピタル 佐々木 浩史氏
モバイル・インターネットキャピタル 元木 新氏