アッズーリ、暫定監督が決定。3月にアルゼンチン&イングランドと対戦

写真拡大

▽イタリアサッカー連盟(FIGC)は5日、ルイジ・ディ・ビアージョ氏(46)を一時的にイタリア代表監督になることを発表した。

▽ロシア・ワールドカップ出場を逃したイタリアは、この責任をとる形でカルロ・タヴェッキオ前会長が辞任。暫定的にロベルト・ファッブリチーニ氏がFIGCのトップに就任した。そのため、代表監督選びは先送りになっており、3月の国際親善試合でディ・ビアージョ監督が指揮を執ることが決まった。

▽ディ・ビアージョ監督は、現U-21イタリア代表指揮官。一時的にA代表も任せるという形だ。この決定自体はサプライズではなく、副コミッショナーのアレッサンドロ・コスタクルタ氏が以前認めていたものである。

▽イタリア代表は3月の国際親善試合でアルゼンチン(23日)、イングランド(27日)と対戦する。