脂質や油というとコレストロールやカロリーが気になって制限するに限るものと思っていませんか。漠然としたイメージで敬遠するだけだと健康や美容面でかなり損している可能性があります。カラダに良い油を選んで摂るようにすれば、美容面でも健康面でも恩恵が受けられます。

種類が多い油をまずは整理してみよう

食品から摂取する脂質は大きく分けると「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二つに分類できます。飽和脂肪酸とは動物性の脂肪に比較的に多く含まれているものになります。カラダの中で合成することが可能で、食べものから過剰に摂る必要は本来ないとも言われています。現代では摂り過ぎの傾向が高くその結果、肥満や糖尿病、高血圧や高脂血症の病が増えています。一方、不飽和脂肪酸はさらに細かく分類されます。

●オメガ3

カラダの中で作りだすことが出来ないもので必須脂肪酸です。カラダの中に摂り入れられるとEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)に変換されます。EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)は脂質が完全に消費されずに蓄えられた中性脂肪を減らすはたらきがあります。中性脂肪が増えすぎると心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まります。サバやイワシなどの青魚、サケ、マグロなどに多く含まれています。またクルミや緑黄色野菜にも含まれています。

●オメガ6

オメガ3と同じようにカラダの中では作り出せない必須脂肪酸です。紅花油、コーン油、大豆油、サラダ油、ひまわり油、などに多く含まれています。血中コレステロールの濃度を下げるはたらきがありますが、摂り過ぎは善玉コレステロールを減らすことも分かっています。この2つは体内で合成することができないので、食品から摂取することが大切です。しかしオメガ6は意識しなくても普段から摂取していることが多いので、私たちがあえて油を選ぶのであればオメガ3の油になります。オメガ3の油には植物性と動物性がありますが、植物性であるシソ油、エゴマ油はその優れた健康効果から非常に人気が高い油となっています。不飽和脂肪酸の中には「一価不飽和脂肪酸」=「オメガ9」もあります。

●オメガ9

カラダの中で作り出すことが出来きます。悪玉コレステロールを減らすはたらきが知られています。生活習慣病の予防や便秘にも効果があります。ただしカラダの中で作り出すことも可能なので摂り過ぎはカロリー値が高くなるので要注意です。オリーブオイルや菜種油などに多く含まれています。

健康や美容のために摂りたい油は「オメガ3」で、特に植物性のオメガ3に注目!と頭に入れておきましょう。


writer:Masami