「東京モーターショー2017」のホンダブースに展示され注目を集めた『クロスカブ110』最新モデル。その発売がホンダから正式にアナウンスされた。発売日は2018年2月23日。価格は33万4800円(税込)だ。さらに、50ccエンジン搭載の新型『クロスカブ50』も同日に発売されることとなった。こちらの価格は29万1600円(税込)。

【詳細】他の写真はこちら

「クロスカブ」のスタイリング上の特徴は、レッグシールドを廃してメカメカしさが増したスタイリング、幅広でアップライトポジションのゆったりとしたハンドルなど。スリット入りマフラーガードやカモフラ柄メーターパネルが、アウトドアテイストと遊び心を演出する。

カラーバリエーションは『クロスカブ110』が3色、『クロスカブ50』は2色。それぞれのモデルで、専用装備および車体寸法に微妙な違いがある。

クロスカブ110



『クロスカブ110』の専用装備は、2人乗り対応のタンデムステップ、可倒式ステップ、リアマッドガード等。タイヤは17インチのセミブロックタイヤだ。

クロスカブ50



もう一方の『クロスカブ50』は、メッキリムおよび小径14インチタイヤが『110』との大きな違い。また、シートも厚手のものから足つき性に配慮した形状のものへと変更されている。

生産累計1億台を突破したロングセラー『スーパーカブ』のレジャーバイク仕様として、長く愛される人気車種になることを期待したい。カスタムベース車としてもなかなかいじり甲斐がありそうだ。なお新しいスーパーカブ同様に、丸形ヘッドライトには省エネルギーで長寿命なLEDが採用されている。

関連サイト



レジャーモデル「クロスカブ110」をモデルチェンジするとともに、50ccエンジンを搭載した「クロスカブ50」を新たに発売(Honda)

text渡辺 "d." 大輔(編集部)