アサヒ飲料は2月1日、2018年事業方針説明会で『三ツ矢』の2018年ブランド戦略を発表。この中で、マイナス5℃に冷やした『三ツ矢サイダー』を提供する自動販売機を4月から展開することを明らかにしました。

凍る直前のマイナス5℃まで冷やせる自販機は、自販機メーカーの富士電機とアサヒ飲料の技術研究所が約5年をかけて開発。従来の約5℃のコールド製品と氷点下の製品を1台の自販機で提供できます。氷点下で提供するのは『三ツ矢サイダー PET430ml』で、通常の製品と変わらない価格で販売。発表会で試飲してみましたが、氷点下に冷えた『三ツ矢サイダー』はキリリと冷たく、爽快感がさらにアップ。夏の暑い屋外で飲むとリフレッシュできそうです。

「氷点下の三ツ矢サイダー」と書かれたこの自販機は、観光地や商業施設などを中心に設置していくとのこと。この春夏にお出かけ先で自販機を見かけたら、一度体験してみては。

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』