画像提供:マイナビニュース

写真拡大

自動貯金サービス「finbee(フィンビー)」を運営するネストエッグは2月5日、松井証券と連携を開始したと発表した。

○松井証券でも投資のアクションが可能に

finbeeは、貯金の目的や目標金額、貯金のルールを利用者のライフスタイルに合わせて設定できる自動貯金サービス。今回の連携により、finbeeの「投資貯金」で貯金を達成した利用者は、松井証券でも達成後すぐに投資のアクションが可能になった。

finbeeでは2017年10月から、証券会社と連携を開始し、利用者が貯蓄から投資へのアクションをよりスムーズに行えるような環境を整えてきたという。今回、新たに松井証券が加わることで、さらに使いやすいサービスを目指すとしている。