「あれはダイブだ」 リバプールの“116億円DF”ファン・ダイク、ケインの“演技”に苦言

写真拡大

トットナムに試合終盤に与えられた二つのPKが物議

 今冬の移籍市場でサウサンプトンからDF史上最高額の7500万ポンド(約116億円)でリバプールへ加入したオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが、プレミアリーグ得点ランキングトップを走るトットナムのFWハリー・ケインに対し、シミュレーション行為があったと苦言を呈している。

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 リバプールは現地時間4日にトットナムと本拠地で対戦。エジプト代表FWモハメド・サラーが2得点を決める活躍を見せたものの、試合は2-2の引き分けに終わった。この試合ではトットナムに2つのPKが与えられたが、これらのプレーが物議を醸している。

 ファン・ダイクが指摘するプレーは1-1で迎えた後半39分に起きた。

 ペナルティーエリア内に走り込んだケインが飛び出したリバプールGKロリス・カリウスに倒されたという判定でトットナムがPKを獲得。しかし、リバプールの選手は倒れるほどの接触はなかったと判定に猛抗議した。リプレー映像ではそもそもケインがオフサイドポジションにいたことが確認できるため、疑惑の判定としてスタジアムも騒然とした。

 ケイン自ら蹴ったPKはカリウスがセーブしたものの、釈然としないファン・ダイクは試合後にケインのプレーに対する不満を明かした。

「僕はオフサイドだったとも思っている」

「あれはダイブだったと思う。彼がダイブしたというのは明らかだ。誰もそれについて話さないが、僕はダイブだったと思う。あのプレーにはオフサイドだったかどうかという議論もある。僕はオフサイドだったとも思っている」

 ファン・ダイクはこう語り、いずれにしてもPK判定は間違っていたと主張している。ケインにはなんらかの罰則が与えられるべきか、という質問を受けると「僕が決めることではない」と前置きした上で、「ダイブだと思うというのが僕の意見。審判はオフサイドもダイブもなく、PKを与えた。僕らにとって良かったのはPKを防いだということ」と語った。

 後半アディショナルタイムにサラーのこの日2点目のゴールで勝ち越したリバプールだったが、その直後にMFエリック・ラメラがファン・ダイクに倒されたとしてトットナムが再びPKを獲得。今度はケインに決められ、引き分けに持ち込まれた。 ファン・ダイクとリバプールにとっては受難の一戦となった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images