2月5日(月)、都内の「公益財団法人 高松宮妃癌研究基金」にて、ジャパンゴルフツアー機構(JGTO)によるチャリティ基金寄贈式が行われ、ジャパンゴルフツアー選手会副会長の薗田峻輔が出席した。
【関連】チャリティ会場に宮里家長兄“フトシ”が登場!?
2017年度開催の各トーナメント会場で、レジストレーション時に集まった出場選手からのチャリティ金20万7,038円と、 2017年3月に開催されたジャパンゴルフフェア2017でのチャリティオークションで集まった57万1,201円、合わせて77万8,284円を寄贈。寄贈式は今年で24回目となり、合計額は1億8,027万3055円となった。
薗田は「先輩方が続けてきたものが今日に繋がっている。平成元年生まれの僕が参加させて頂いたのは初めてですが、ガンの撲滅に少しでも役立って欲しいという思いで、先輩たちが続けてきたバトンを今後もしっかりと繋げていきたい」と語った。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

石川遼選手会長が誕生 ジャパンゴルフツアー選手会理事役職一覧
石川遼が新選手会長に就任「日本ゴルフ界のために全力を尽くす」
薗田峻輔がナイキゴルフと契約、タイガーの歓迎に「言葉が出ない」
薗田峻輔のプロフィール
「こんなに集まってくれて感謝」松山英樹、香妻琴乃のチャリティーに約1000人が参加