タイリーグでJリーグ時代の数倍を稼ぐようになった下地が、スペインで得た気づきとは

写真拡大

 Jリーガーから銀座のクラブボーイを経て、タイに渡った下地奨(参照:『タイで星を掴んだ男・下地奨が語る「金持ち選手、貧乏選手」(1)』)。

 その後、下地はタイ三部のウドーンタニFCに加入、クラブを二部昇格に導いた。

 今回、シーズンオフで一時帰国した下地はその後しばらくスペインに滞在し、再びタイへ旅立っていった。筆者はそんな下地と出発直前の羽田空港で待ち合わせ、慌ただしい中久しぶりに話を聞くことにした。

 せっかくの休みでたまには日本でゆっくりしたかっただろうに、なぜスペインに行っていたのだろうか。

「長年僕のことを応援してくれている方がいましてね、その人に17歳の息子さんがいるのですね。で彼がスペインのチームでサッカーの練習に一日参加するということになり、それで一緒にバルセロナなどに行っていました。その方はバルサのソシオの大物とも親しくて、僕らはその方の家に泊まりました」

 その際に、生まれて初めてカンプ・ノウを見たという。

「第一印象ですか? デカいな、その一言ですね。何せ十万人近く入るスタジアムですし、今度さらに拡張工事をするらしいですからね。そこに日本の建設会社も赤字を承知で入ると聞きましたよ。短期的には赤でも、日本なりアジアなりでスタジアムを作るときには百年くらいはこの実績はきくでしょうからね」

 カタルーニャといえばただいま独立か否かで揺れている。その辺について何か感じるところはあったのだろうか。

「こればかりは住んでみないとわからないですよね。州意識の強さというのは感じましたけど、それ以上のことは一週間くらいの滞在ではわからないですね」

 ただ、その上で最近強く思うことがあるのだという。

「よくお題目で、“政治をサッカーに持ち込むな”と言うでしょ。でも、政治家は否応なく政治をサッカーに持ち込んで使うわけです。でもそれが完全になくなったらサッカーの魅力が半減するのではないかとも思うんですよ。とすれば応援するのは上手いから・強いからだけになってしまいますよね。なら来年弱くなったら応援しないのかということですよね」

◆国ごとにチームを作るというのは、それ自体が“政治”そのものではないのか

 筆者もときどき同じことを考える。早い話が、純粋な器量や実力だけを問うなら最強チームはチャンピオンズリーグ優勝クラブに決まっている。お互いに毎日一緒に練習しているクラブが国境の枠を超え、大金も賭けて争った結果なのだから当然だ。

 それに対して、国家代表というのは言ってみれば“寄せ集め集団”である。国籍は同じでも、普段は一緒にやっていない、試合の前後数日だけ集まって解散を繰り返すチームなのだ。

 にもかかわらず、老若男女を問わず最も熱狂するのは国家代表同士がぶつかるワールドカップではないか。国ごとにチームを作るというのは、それ自体が“政治”そのものではないのか。

「現にアスレティック・ビルバオなんて未だにバスク人の選手しか入れないわけでしょう。日本にもそういうクラブがあってもいいと思うんですよ。真面目な話、FC琉球がそうなってくれないかなと思いますよ。おれみたいな苗字やバックグラウンドの選手が選ばれるだけでも、クラブの印象って変わって面白いですよね……」

 下地は両親が沖縄出身である。「下地」姓自体が宮古島近くの「下地島」から来ている。笑い事ではなく、FC琉球が方針転換した際には、真っ先に声をかけるべき存在だろう。

「結局ね、選手とクラブの関係って言ってみれば絶対にかなわない片想いみたいなものなんですよ。どんなに選手がクラブのことを想っていても、結果が出なければ必ず捨てられる。それが宿命ですからね。だからこそ、それくらいとんがったクラブがあったほうが面白いんじゃないですか」