2日目スタート前に棄権した松山英樹、1年ぶりにトップ5から陥落した(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

2月4日(日)付けの男子世界ランキングが発表された。
【連続写真】世界NO.1の呼び声も 松山英樹の2018年最新スイング
米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」の2日目スタート前に棄権した松山英樹は1ランクダウンの6位に後退。松山と入れ替わりでジャスティン・ローズ(イングランド)が5位に浮上している。1位のダスティン・ジョンソン(米国)ら、それ以外のトップ10に変動はなかった。
同大会でツアー通算3勝目を挙げたゲーリー・ウッドランド(米国)が53位から26位に浮上。また、今大会で3位タイに入ったオリー・シュナイダーヤンズ(米国)が34人抜きの77位に順位を上げ、自己ベストである96位を大幅に更新した。
欧州とアジアの共催大会「メイバンク選手権」で5位タイに入った石川遼は、37人抜きの187位に浮上。同大会で今季2勝目を挙げたシュハンカー・シャルマ(インド)は193位から72位にジャンプアップを果たし、アニルバン・ラヒリ(インド)を抜き去りインド勢1番手に躍り出ている。
松山に次ぐ日本勢2番手には小平智(37位)、3番手に池田勇太(44位)、4番手に宮里優作(51位)が続いている。
【男子世界ランキング】
1位:ダスティン・ジョンソン(10.74pt)
2位:ジョン・ラーム(9.36pt)
3位:ジョーダン・スピース(8.64pt)
4位:ジャスティン・トーマス(7.97pt)
5位:ジャスティン・ローズ(7.44pt)
6位:松山英樹(7.25pt)
7位:リッキー・ファウラー(6.68pt)
8位:ローリー・マキロイ(5.95pt)
9位:ブルックス・ケプカ(5.89pt)
10位:ジェイソン・デイ(5.80pt)
26位:ゲーリー・ウッドランド(3.40pt)
37位:小平智(2.65pt)
44位:池田勇太(2.53pt)
51位:宮里優作(2.32pt)
71位:谷原秀人(1.83pt)
72位:シャハンカー・シャルマ(1.83pt)
187位:石川遼(0.93pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 最終結果
メイバンク選手権 最終結果
松山棄権後、「ヒデキのトーナメント」は「誰のトーナメント」になったのか【舩越園子コラム】
浮き彫りになった長所と短所 石川遼、復活Vへの道筋は?
リッキー・ファウラー『KING F8+』で初速安定!?ツイストフェースとの関連は…