株価が一時600円超下落、2018年で初めて2万3000円を割り込む

ざっくり言うと

  • 5日、東京株式市場の平均株価の終値は2万2682円8銭となった
  • 一時、600円以上急落し、2018年初めて平均株価が2万3000円を割り込んだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング