IDC Japanは、国内のLPWA(Low Power Wide Area)市場に関する分析結果を発表した。規格ごとの取り組みの違いを明らかにしているほか、2018年は規格間競争の勝敗が見え始める重要な年と位置づけている。

 IDCでは、国内のLPWAがターゲットとしている市場について、大手通信キャリアのLPWAやSigfoxがターゲットとする全国をカバーする市場のほか、LoRaWANなどがターゲットとする都市や施設インフラなど限定されたエリアで提供される市場、さらに小規模・限定的で規格によらない草の根市場の3つに分類している。

国内におけるLPWAサプライヤーの3つのターゲット市場 出典:IDC Japan, 2/2018

 LPWAネットワークでは、さまざまな場所に導入されることから設置場所や環境で適合する規格が異なり、複数の規格を混在させるケースも多く、いくつかの規格が主流になる可能性が高いと予測。一方で、今後は量産が進みデバイスメーカーによる規格の選別が進むことで、規格の淘汰が始まるともしている。

 こうしたことなどから、2018年はLPWAサービスが出揃ったことでデバイスの量産が拡大、規格間競争の勝敗が見え始めると予想されている。

 IDCでは、IoT市場は揺籃期で、LPWA市場の拡大にはIoT市場全体のさらなる活性化が必要としており、好循環を作り出すための努力が求められるとしている。市場の構図などについては、詳細なレポートが販売されている。