画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Internet Systems Consortium

Internet Systems Consortiumは2018年1月31日(米国時間)、「DHCP 4.4.0 Release Notes|Internet Systems Consortium Knowledge Base」において、ISC DHCPの最新版となる「ISC DHCP 4.4.0」の公開を伝えた。ISC DHCP 4.4.0の主な特徴は次のとおり。

ダイナミックDNS関連の機能追加(ddns-dual-stack-mixed-mode、ddns-guard-id-must-match、ddns-other-guard-is-dynamic設定パラーメタの追加)

dhclinetの改善(--prefix-len-hint、--decline-wait-time、--address-prefix-lenコマンドラインパラメータの追加)

共有ライブラリのサポート(libtoolをサポート)

DHCPv6オペレーションにおけるdhcp-cache-thresholdのサポート

EUI-64 DUIDに基づくDHCPv6アドレスアロケーションのサポート

IPv4、IPv6、4o6リレーおよびサーバにおけるオルタネートリレーポートのサポート(実験段階)

ISC DHCPはDynamic Host Configuration Protocolのオープンソース実装。これまでBSDスタイルライセンス(ISC License)の下で公開されてきた。しかし、Internet Systems ConsortiumはISC DHCP 4.4.0をMozilla Publis License 2.0に変更して公開。今後、ISC DHCPはMozilla Publis License 2.0のもとで公開される見通し。