iOS 11.3はウェブサイト個別のユーザー登録が不要に?iCloudベースのシングルサインオン機能搭載か


アップルが、iOS 11.3でiCloudによるシングルサインオン機能を準備している模様です。シングルサインオンとは、ひとつのウェブサイトのユーザー認証処理によって別のウェブサイトへのログインも可能になるしくみのこと。たとえばFacebookやYahoo! JapanのIDでニコニコ動画のサイトにログインできるのはシングルサインオン機能のひとつの例です。9to5macのGuilherme Rambo氏がiOS 11.3ベータ版に新しく含まれたSecureChannelと呼ばれるコンポーネントに発見したのは、ユーザーがiCloudアカウント(Apple ID)を使ってウェブベースのサービスを利用できるシングルサインオン機能とみられるコードでした。それがどのように機能するかははっきりとはわからないものの、おそらくはサイトの利用と引き換えにユーザーのiCloud登録情報、つまり氏名や登録メールアドレスなどを引き渡す仕組みになっていると考えられます。

つまりiOS 11.3にシングルサインオン機能が搭載されれば、iPhoneやiPadユーザーはiCloudによるシングルサインオン対応のウェブサービスやアプリを使いはじめる際に新規ユーザー登録をせずともApple IDでログインできるようになる可能性があるということです。

Rambo氏はまた、カメラでQRコードをスキャンすることでApple ID認証機能を利用するコードも発見しているものの、これの具体的な利用方法については不明だとしています。

ただし、まだこれらの機能がiOS 11.3に正式に搭載されるという保証はありません。マルチルームオーディオに対応するAirplay 2機能はiOS 11.2のベータ版には用意されていたものの、正式版には搭載されませんでした。

ちなみに、アップルはApple TVですでにシングルサインオン機能を提供しています。Apple TVでは最初にログインした際の情報を利用して、TVアプリでのログイン処理をシームレス化しています。