1月22日、視察を終えて北朝鮮に戻る三池淵管弦楽団の玄松月(ヒョン・ソンウォル)団長(写真共同取材団)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル(共同取材団)聯合ニュース】平昌冬季五輪に合わせて派遣される北朝鮮芸術団の先発隊23人が5日午前11時半ごろ、韓国北西部の京義線道路を通ってソウル北方の都羅山にある南北出入事務所に到着した。

 先発隊はバスで宿泊先の北東部・江原道麟蹄郡のホテルに移動。平昌五輪開幕前日の8日に公演する江陵アートセンターを訪れ、舞台設置などを行うとみられる。

 三池淵管弦楽団の約140人からなる北朝鮮芸術団は8日午後8時から江陵アートセンターで、11日午後7時からソウルの国立劇場で公演を行う。

 北朝鮮は芸術団本隊が6日に貨客船「万景峰92」で韓国入りすると通知した。