川崎重工業が売り出した「Ninja(ニンジャ)250」

写真拡大

 川崎重工業はスポーツタイプの二輪車「Ninja(ニンジャ)250」(排気量250cc)を5年ぶりに全面改良して売り出した。

 新開発のエンジンで、最高出力が31馬力から37馬力に向上。LEDヘッドライトを採用したほか、新設計のフレームを使い、車体を約8kg軽くした。価格は消費税込みで62万9640円から。

 「ニンジャ250」シリーズは2008年に発売以来、今回の全面改良で3代目。