画像提供:マイナビニュース

写真拡大

カスペルスキーは2月1日、iOSとAndroid端末で使える、個人向けセキュリティ対策アプリ「カスペルスキー セキュアコネクション」の提供を開始した。カスペルスキー・オンラインショップ、Google Play ストア、App Storeにて販売する。無料版のほか、有料版も用意した。

カスペルスキー セキュアコネクションは、端末が接続するWi-Fiの安全性をチェックし、安全性が低い場合は通信をVPNで暗号化する。セキュリティがかかっていない公共無線LANを利用している最中に、個人情報を盗み見られたり、位置情報やIPアドレスが特定されるといったことを防ぐ。通信を経由するサーバのロケーションは、複数の地域や国から選択可能だ。

製品は、税込2,900円の1年版と、税込480円の1カ月版、無料版の3種類を用意。有料版は、利用時のデータ通信容量が無制限で使える。また、1度の購入で、5つの端末にダウンロード可能だ(Windows / Mac / iOS / Androidに対応)。通信を経由するVPNサーバは、日本を含む複数の国と地域から選べる。一方、無料版は、通信できるデータ容量が1日あたり200MBまで。経由するVPNサーバは自動で選択される。アプリの動作環境は、iOS 10.0以降、Android 4.1以降。