【ソウル聯合ニュース】北朝鮮は5日、平昌冬季五輪(9日開幕)に合わせて韓国に派遣する芸術団について、6日に貨客船「万景峰92」で訪韓すると韓国に通知した。統一部の白泰鉉(ペク・テヒョン)報道官が5日の定例会見で明らかにした。北朝鮮は同船を芸術団の寝食の場としても利用する予定という。

 白氏によると、停泊先に関してはまだ協議中だ。また、北朝鮮は万景峰92を利用する理由を、五輪開催地の江陵で8日に公演する芸術団が便利に滞在できるようにするためと説明した。

 万景峰92は2002年に韓国南部の釜山で開催されたアジア大会の際に北朝鮮応援団を乗せ、宿泊先としても用いられた。

 しかし、韓国が2010年3月の海軍哨戒艦撃沈事件を受け同年5月24日に実施した北朝鮮に対する制裁措置(5・24措置)は、北朝鮮船舶の韓国海域航行を認めていない。これに関し白氏は「5・24措置は北の船舶による韓国海域の航行と入港を禁じているが、平昌冬季五輪の成功を支援するために例外措置を検討している」と説明した。13年に北朝鮮北東部・羅津とロシア極東沿海地方ハサンを結ぶ物流事業を、韓国の国益の面から5・24措置の例外として認めたことにも言及した。

 また、国連の北朝鮮制裁についても「米国など国際社会と緊密に協議し、制裁に抵触しないようにする」と述べた。

 同船自体は韓国の独自制裁の対象でなく、国連安全保障理事会の制裁対象でもないとされる。

 白氏は韓国政府が北朝鮮の通知を受け入れたかとの質問に、「現在協議中の事案だ。確定すれば知らせる」と答えた。