画像提供:マイナビニュース

写真拡大

JTは2月5日、札幌市、仙台市、横浜市、名古屋市、大阪市、広島市の6都市にて、たばこ用デバイス「プルーム・テック」(Ploom TECH)および専用アクセサリーの販売を開始した。併せて同日より、プルーム・テックおよび専用アクセサリーを販売するプルーム・テック専門店「Ploom Shop」7店舗と「Rethink Lounge SENDAI」をオープンさせた。

同社では、たばこ葉由来の成分を含む蒸気を「たばこベイパー(Tobacco Vapor)」と呼んでいる。プルーム・テックは、においの発生を大幅に減少させ、空気の汚れもなく、クリアなたばこの味わいが楽しめるたばこベイパー商品。たばこ葉を燃やさず、高温で加熱もしない、JT独自の「低温加熱方式」により実現した。1月からは東京都内のコンビニエンスストアなど約7,000店舗で販売しており、好評であるという。

Ploom Shopでは、プルーム・テックおよび専用アクセサリーを販売する。主な専用アクセサリー商品は、「プルーム・テック・ソフトキャリーケース」(1,100円)、「プルーム・テック・ハード・キャリー・ケース・プレミアム」(6,000円)、「プルーム・テック・ハード・キャリー・ケース・プレミアム・コンパクト」(5,000円)「プルーム・テック・ウッド・スタンド」(1,200円)など。

※価格はすべて税込