2013年以来の優勝を決めたゲーリー・ウッドランド(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 最終日◇4日◇TPCスコッツデール(7,261ヤード・パー71)>
アリゾナ州のTPCスコッツデールにて行われている米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」。全選手が最終日の競技を終了し、ゲーリー・ウッドランド(米国)がプレーオフを制してツアー3勝目を決めた。
【関連】石川遼とミケルソンがハイタッチ!
トータル11アンダーからスタートしたウッドランドは、9バーディ・2ボギーの“64”をマークしてトータル18アンダー・首位タイに浮上。この日スコアを5つ伸ばして同じく首位タイに立ったチェズ・リアビ(米国)とのプレーオフ戦にもつれ込んだ。1ホール目をボギーとしたリアビに対して、パーで終えたウッドランドが制し、2013年「リノ・タホ・オープン」以来となるツアー3勝目を飾った。
3打差3位タイにはブレンダン・スティールとオリー・シュナイダーヤンズ(ともに米国)、4打差5位タイにはチェッソン・ハドリーとマット・クーチャー(ともに米国)が入った。
単独首位に立っていたファウラーは、最終日にスコアを2つ落としてトータル12アンダー・11位タイで今大会を終了。世界ランク2位のジョン・ラーム(スペイン)もファウラーと並ぶ11位タイ、昨年新人王のザンダー・シャウフェレ(米国)はトータル11アンダー・17位タイとなった。
なお、大会3連覇がかかる松山英樹は左手親指母指球近辺の痛みのため第2ラウンドスタート前に棄権した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

単独首位に立ったリッキー・ファウラーが「絶対勝つ」に込めた思い
「長くゲームから離れてほしくない」ファウラーが松山英樹の復活を望む
科学者デシャンボーら24歳トリオ中心に若手が台頭する米ツアー
アリゾナ卒業生のミケルソンとラーム 師弟コンビが優勝争いに
【PGAツアー動画】R・ファウラーが切れ味鋭いショットでバーディチャンスに! ショット・オブ・ザ・デイ