Apple Musicのアメリカ国内での有料会員数が、この夏にもSpotifyを超える見込みだ、と米紙The Wall Street Journalが、レコード業界関係者の話として報じています。

会員数増加ベースはApple Musicが上回る

Apple Musicは月間5%と、Spotifyの月間2%を上回るペースで米国内での有料登録会員数を増やしている、とのThe Wall Street Journalの情報元の人物は語っています。
 
このペースで会員数が増え続ければ、今年の夏には米国内の会員数はApple MusicがSpotifyを上回ることになる、とのことです。

Apple Musicの会員数は3,600万人

また、Apple Musicの世界全体での会員数は3,600万人に達した、と同紙は報じています。
 
この会員数は、昨年9月にApple幹部が発表した3,000万人から、半年弱で20%増えている計算です。
 
対するSpotifyは先日、有料登録会員数が7,000万人を超えたと発表しています。
 
なお、Apple Music、Spotifyともに国別の会員数は明かしていないため、米国内の会員数が全体の会員数のどの程度を占めるのかは不明です。

HomePodとの相乗効果を生むことができるか?

Appleは、アメリカ、イギリス、オーストラリアで現地時間2月9日にスマートスピーカーHomePodを発売します。
 

 
先行するAmazon、Googleよりも音質の良さを売りにするHomePodの最大の魅力は、Apple Musicのコンテンツを直接再生可能であることです。
 
今後、HomePodというハードウェアと、Apple Musicというサービスが相乗効果を生むことができるか、注目が集まりそうです。

 
 
Source:The Wall Street Journal via 9to5Mac
Photo:Apple
(hato)