これからの「頭痛」の診療法と治療法とは?(depositphotos.com)

写真拡大

 久しぶりの大寒波で日本中が大雪の被害に見舞われています。昨年の年末から新年のお正月は強い低気圧の通過しました。

 また、大学センター試験の時には、西高東低の冬型の気圧配置のために大雪の被害などが出ています。このような、気圧の変化の多い天候で「片頭痛」に悩まされた患者さんも多かったのではないでしょうか。どうぞ体調には十分にご自愛ください。

 さて今回は新年にふさわしく「これからの頭痛診療と最新治療」と題してお話ししたいと思います。

‘痛ダイアリーの電子化とAI(人工知能)の導入の流れ

 頭痛診療における頭痛ダイアリーの重要性は、以前にもお話しました(参考:片頭痛を引き起こす原因を知るために、「頭痛ダイアリー」を活用するhttp://healthpress.jp/2015/01/post-1409.html
)。

 頭痛ダイアリーは自分の頭痛を知ると言う意味でも、頭痛診療をする医師にとっても重要なツールとなっています。

 この頭痛ダイアリーですが、その多くは印刷された紙に患者さんが日記のように記入していくものが大半でした。しかし、近年その記入の方法も電子化の流れが始まっています(参考文献:1)。

 実際、患者さんの中でも、通院されている先生からスマートフォンを使用するタイプの頭痛ダイアリーを始めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 この電子化された頭痛ダイアリーでは、より長期間の経過を表や図に変換することが可能であり、将来的にはAIによって解析することも可能になっていくのではないかと思います。

▲ルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)を標的とする新規薬剤

 カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP:Calcitonin gene related peptide)とは、アミノ酸37個からなる塩基性ポリペプチドの総称です。脊髄の後根神経節で産生され、末梢に運ばれるとされています。

 末梢血管の拡張作用を有し、侵害受容器(痛みを感知する場所)が興奮すると、脊髄内終末や末梢神経終末から放出され神経性炎症を誘発させると考えられています。実際、片頭痛も、三叉神経末端が刺激されて、そこからCGRPが分泌され、血管拡張を誘発して発症するとされています。

 このため片頭痛治療に、CGRPをブロックする薬剤の効果が予想されてきました。近年、このCGRPをブロックする薬剤として、CGRPやCGRP受容体に特異的に結合するモノクローナル抗体の開発や治験の成績の報告が多数報告されるようになってきました(参考文献:2・3・4)。

 現在、日本でもこの薬剤の治験が始まっています。今後、近い将来、この薬剤によって日本の頭痛診療も大きく変わることが期待されています。

7佝蘚神経刺激法による治療(電気・磁気刺激装置による治療)

 慢性的な片頭痛は治療が困難であり、頻繁に薬物の使用過多による頭痛や、慢性頭痛と関連する。近年、経皮的神経刺激法による(非侵襲的神経刺激)治療の報告が蓄積されてきています。

 「Cefaly(登録商標)」装置を用いた経皮的眼窩上部の神経刺激が有名ですが、それ以外にも、迷走神経、蝶形骨口蓋神経節、後頭神経を刺激する方法も報告されています。

 さらに、電気刺激だけでなく、経頭蓋に磁気を使って刺激する方法や、手術によって体内に電極を埋め込んで深部の脳を刺激法する方法まで報告があります(文献:5)。

 ただし、これらの神経刺激治療は日本で保険診療の適応範囲外で、一般的な治療ではありません。今後これらの神経刺激治療も薬物療法とともに、治療選択の1つとして広がっていくことが期待されています。

 以上、最近の話題となっている頭痛診療、最新治療について取り上げました。ここに紹介していないものでも、重要で、新しい治療はまだまだ沢山あります。個々の患者さんの治療については、現在の主治医の先生と十分相談の上、自分にあった治療を心がけてくださいますようお願い申し上げます。
(文=西郷和真)

●参考文献
(1)Hundert AS, et al.Commercially avAIlable mobile phone headache diary apps: a systematic review.JMIR Mhealth Uhealth. 2014 Aug 19;2(3):e36.
(2)Bigal ME, et al. TEV-48125 for the preventive treatment of chronic migrAIne. Neurology 2016;87:1-8.
(3)Goadsby PJ, et al. A controlled trial of erenumab for episodic migrAIne. N Engl J Med 2017;377:2123-2132.
(4)Tepper S, et al. Safety and efficacy of erenumab for preventive treatment of chronic migrAIne: a randomised, double-blind, placebo-controlled phase 2 trial. Lancet Neurol 2017;16:425-434.
(5)Schwedt TJ, et al.Neurostimulation for Treatment of MigrAIne and Cluster Headache.
PAIn Med. 2015 Sep;16(9):1827-34.

連載「頭痛の秘密がここまで解き明かされてきた」バックナンバー


西郷和真(さいごう・かずまさ)

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授、近畿大学医学部附属病院神経内科。1992年、近畿大学医学部卒業。近畿大学附属病院、国立呉病院(現国立呉医療センター)、国立精神神経センター神経研究所、米国ユタ大学博士研究員(臨床遺伝学を研究)、ハワードヒューズ医学財団リサーチアソシエイトなどを経て、2003年より近畿大学神経内科学講師および大学院総合理工学研究科講師(兼任)。2015年より現職。東日本大震災後には、東北大学地域支援部門・非常勤講師として公立南三陸診療所での震災支援勤務も経験、2014年より現職。日本認知症学会(専門医、指導医)、日本人類遺伝学会(臨床遺伝専門医、指導医)、日本神経学会(神経内科専門医、指導医)、日本頭痛学会(頭痛専門医、指導医、評議員)、日本抗加齢学会(抗加齢専門医)など幅広く活躍する。

西郷和真(さいごう・かずまさ)
近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授、近畿大学医学部附属病院神経内科。1992年、近畿大学医学部卒業。近畿大学附属病院、国立呉病院(現国立呉医療センター)、国立精神神経センター神経研究所、米国ユタ大学博士研究員(臨床遺伝学を研究)、ハワードヒューズ医学財団リサーチアソシエイトなどを経て、2003年より近畿大学神経内科学講師および大学院総合理工学研究科講師(兼任)。2015年より現職。東日本大震災後には、東北大学地域支援部門・非常勤講師として公立南三陸診療所での震災支援勤務も経験、2014年より現職。日本認知症学会(専門医、指導医)、日本人類遺伝学会(臨床遺伝専門医、指導医)、日本神経学会(神経内科専門医、指導医)、日本頭痛学会(頭痛専門医、指導医、評議員)、日本抗加齢学会(抗加齢専門医)など幅広く活躍する。