画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●Androidスマホから簡単セットアップ

「Air Stick 4K」はテレビのHDMI端子に接続するデジタルメディアプレーヤー。映像出力は720p/1080p/2160p 60fps、HDR10に対応しており、YouTubeやNetflixで配信されている4K/HDR対応コンテンツを鑑賞可能です。

ちなみに、いま流行りのスマートスピーカー「Google Home」と同じネットワーク環境にセットアップすれば、Google Homeに向かって「Ok Google、●●●●の動画を再生して」と話しかけるだけで、指定したYouTube動画をAir Stick 4Kを接続したテレビで再生可能です。

ソファーに寝っ転がって音声だけで気ままに動画を再生するのは、秒単位で堕落しそうなほど快適です。Air Stick 4KとGoogle Homeで、極楽動画再生環境をぜひ構築してください。

○Air Stick 4Kをセットアップ

Air Stick 4Kは、OSに「Android TV 7.1.2 Nougat」を採用(8.0 Oreoにアップデート予定)。CPUは8コア/1.50GHzの「Amlogic S912J」、メモリー(RAM)は2GB、ストレージは16GBです。無線LAN(Wi-Fi)は、2.4GHz帯と5GHz帯のIEEE802.11b/g/n/acに対応しています。

Air Stick 4Kのセットアップは、Androidスマホまたはタブレットがあれば非常にカンタンです。

スマホまたはタブレットで「Google」アプリを起動し、検索ボックスに「デバイスのセットアップ」と入力するか、「Ok Google、デバイスのセットアップ」と話しかければOK。あとは画面の指示に従って、Googleアカウントの設定、無線LANルーターへの接続、「Android TVリモコン」アプリのインストールが完了します。アカウント、SSID、パスワードを入力する必要はいっさいありません。

●極楽動画再生

Android TVのホーム画面には、右上に「Air Stick 4K」と表示されていますが、それ以外は素のAndroid TVとユーザーインタフェースが異なる部分はありません。ホームアプリとして、「TSUTAYA movie powered by U-NEXT」、「Netflix」、「AbemaTV」、「GYAO!」、「DAZN」、「Hulu」、「Spotify」、「niconico」、「GOLF NETWORK」がプリインストールされています。

使い勝手ですが、解像感は非常に高いですね。別の階にある無線LANルーターと接続したときには、4K動画の再生時にコマ落ちしているように感じられるシーンもありました。無線LANの電波が弱い場所に設置する場合は、有線LAN接続するといいでしょう。

試用していて気になったのが音声検索の不安定さ。貸し出し機のリモコンの個体差が原因かもしれませんが、初期化、再接続しても、検索キーワードを音声入力するのにかなり手こずりました。たとえば「アルトワークス」と発声しても、「アルトワークス」、「アニマックス」、「オートバックス」、「アルトワークス」、「アルトマーク」など、正しく認識されたのは5回に2回くらいです。うまく音声検索できないときは、段違いに高性能なマイクを搭載しているスマホと、「Android TVリモコン」アプリを利用することを強くオススメします。