「浜松百撰」公式フェイスブックページより

写真拡大

 製造業の街から音楽都市へ―。東西の狭間にあり、独自の文化が生まれないと市民らが自嘲したかつての浜松市。それを変えた原動力のひとつに、ある女性の存在があった。

 創刊60周年を迎えたばかりのタウン誌『浜松百撰』の前編集長、安池澄江さんが1月初旬、91歳で他界した。米映画『ドリーム』を鑑賞した翌日、いつもの仲間とマージャンを楽しんだ後、テーブルにうつぶせる姿が最期だったという。

 浜松百撰は東京の『銀座百点』に倣って地域の店舗や企業を会員とし、その顧客に店頭などで無料配布している。元新聞記者の安池さんは赤い車で取材に営業に駆け回った。長身でさっぱりとした性格が店主や社長を味方に付け、身近な情報を発信し続けた。

 コンサートで訪れた歌手に浜松の魅力や欠点を楽屋裏でインタビュー。来訪した読者を紅茶でもてなし、文学仲間らを巻き込んで「文芸賞」や「1000円シアター」を企画し、モノづくりに負けない文化都市の土壌をつくった。

 学生時代、帰郷の際に安池さんの元でアルバイトをした。新聞記者を志す時も背中を押してもらった。絶筆となった浜松百撰1月号の後記には「元気よく動き、元気よく遊び」と1年の計をつづっていた。