陰湿ないじめが起きがちな「女だらけ職場」vsセクハラがナチュラルに横行する「男だらけ職場」。どちらも女性スタッフにとって厳しいものがあります

写真拡大

女性だらけの職場において、女性同士のいざこざが日常的に繰り広げられている…というのは、ドラマや漫画によくある設定で、容易に想像できるもの。しかし、現実的にストレスを感じるのは、男性だらけの職場にいる女性のほうかもしれない。女だらけと男だらけ。女性にとってより厳しいのはどちらの職場なのだろうか。(清談社 あまの和代)

私生活の鬱憤を
職場で晴らす女たち

「私は、女だらけの職場のほうがキツイと思います。些細ないざこざを大きく吹聴する女が多いから、面倒くさいんですよ」

 こう息巻くのは、某アパレルショップで店員として働く渡辺美香さん(28歳・仮名)。「次に働くなら、絶対に女が少ないところがいい」と強く言う。

「当然職場には女性しかいません。しかも、同じフロアにある店もすべてレディースの店なので、右を見ても左を見ても女しかいないわけです。トラブルが起きないわけがないですよね」

 特にひどかったのは、店舗同士の対立。各ブランドの店長が、ことあるごとに衝突しているという。

「どの店も、お客の取り合いで必死です。『こっちに来た客を、向こうの店が奪った』とかなんとか、いつも影で言い合ってます。でも表立ってはニコニコ仲よさげに話しているので、それが余計に怖いです」

 私生活の鬱憤を当たり散らすスタッフもいる。美香さんが仲良くしていたその先輩は、長年付き合っていた彼氏と別れた直後から性格が一変。

「感情的になることが多くなって、後輩たちへの当たりが厳しくなりました。特に私に対する態度は酷くて、何を言っても無視。頼むから新しい彼氏を作ってくれと、同期と祈ってました」

 また、美香さんが直接体験したトラブルではないが、ある朝出勤すると、店内がざわついていた。顧客情報ファイルが紛失したのだという。

「パートさんが事務所の机に置いたファイルが、忽然と消えてしまったんだそうです。でもその数日後、犯人は見つかりました。前々からそのパートさんを嫌っていたお局です。パートさんが重要なファイルを放置していたと、店長に告げ口しに行ってたんです」

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)