長谷部フル出場もフランクフルトがアウグスブルクに完敗…6戦ぶりの黒星に《ブンデスリーガ》

写真拡大

▽ブンデスリーガ第21節、アウグスブルクvsフランクフルトが4日に行われ、ホームのアウグスブルクが3-0で快勝した。なお、フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場。MF鎌田大地はベンチ外となった。

▽前節、ボルシアMGとの上位対決を制して5戦無敗の4位に順位を上げたフランクフルトが8位のアウグスブルクのホームに乗り込んだ一戦。長谷部を最終ラインに配した[3-5-2]の布陣で臨んだフランクフルトだが、立ち上がりからサイドとロングボールをシンプルに使う相手の攻撃に苦戦。押し込まれる場面が目立つ。

▽すると19分、アウグスブルクに先制点が生まれる。相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのマックスがゴール前に長いボールを入れると、K・ボアテングの短いクリアを回収したク・ジャチョルが反転から右に持ち出してDFを振り切りゴール左隅にグラウンダーのシュートを流し込んだ。

▽悪い流れの中で先制を許したフランクフルトだが、直後に同点のチャンス。左サイドのチャンドラーからのクロスをゴール前のヨビッチが巧みなバックヘッドで合わすが、これは惜しくも右ポストを叩く。

▽その後は一進一退の攻防が続くも、効果的なカウンターからアウグスブルクが再三の決定機を創出。32分にはカウンターから左サイドを突破したマックスのプレゼントクロスをファーのカイウビーがワンタッチで合わすが、このイージーシュートを枠の右に外した。

▽アウグスブルクの1点リードで折り返した試合は、後半もホームチームのペースで進む。何とか流れを変えたいアウェイチームは52分、ガシノビッチを下げてジェルソン・フェルナンデスを投入。だが、51分には相手のカウンターから左サイドを破ったカイウビーに決定的なクロスを通されるが、ゴール右でフリーのヘラーのシュートは守護神フラデツキーのビッグセーブで凌ぐ。

▽その後、互いに交代カードを切っていく中、拮抗した状況が続く。だが、主導権を握るアウグスブルクが再びセットプレーの流れからゴールを奪う。76分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でボックス左のカイウビーが頭で中央へ折り返す。この折り返しを右足甲を使った巧みなボールタッチで浮かせたグレゴリッチュが、DF長谷部を反転でかわし絶妙なボレーで流し込んだ。

▽何とか点差を縮めたいフランクフルトは82分、アラーに代えてダ・コスタをピッチに送り出すと、84分にはペナルティアーク付近で前を向いたヨビッチがミドルシュートを放つが、これは右ポストを叩いて枠の右へ。その後も攻勢を仕掛けたフランクフルトだが、試合終了間際には最終ラインのミスから3点目を献上して万事休す。アウグスブルクに完敗のフランクフルトは6試合ぶりの敗戦となった。