“逆転”でのW杯出場を目指す、日本代表選手の元「常連組」たち

写真拡大

2018年ワールドカップまであと140日ほど。

欧州主要リーグでは移籍マーケットも終了し、出場機会を求め多く選手が活躍の場を移した。またJリーグも開幕を間近に控えており、23人という日本代表の最終登録メンバーをめぐるバトルも熾烈になるはずだ。

そこで今回は“逆転”でのワールドカップ出場を目指す、日本代表のかつての常連選手を5人ピックアップしてみた。

1. 内田 篤人

生年月日:1988/03/27 (29歳)
所属クラブ:鹿島アントラーズ(JPN)
ポジション:DF
日本代表での成績:74試合2得点

2年近い負傷期間を経て、ついに復活を果たした内田篤人。

ウニオン・ベルリンでの生活を半年で切り上げ、ついに8シーズンぶりに鹿島アントラーズへの復帰が決定した。

ワールドカップのためだけに復帰したわけではないと話しているが、それでも「ここで逆転したらめっちゃカッコイイですよね」と発言するなど、やはり大舞台への出場を諦めているわけではない。

なお、内田が最後に日本代表に招集されたのは2015年3月のこと。実績は十分とは言え、本当に本登録メンバーに入れば歴史的な“逆転劇“となるだろう。

2. 森重 真人

生年月日:1987/05/21 (30歳)
所属クラブ:FC東京(JPN)
ポジション:DF
日本代表での成績:41試合2得点

ヴァイッド・ハリルホジッチ政権において、吉田麻也のパートナーとしてコンスタントに試合に出場していた森重。

しかし、昨年の3月を最後に招集されておらず、6月の記者会見ではハリルホジッチ監督が森重について「このところのパフォーマンスに満足していない」と指摘する場面もあった。

2017シーズンは左腓骨筋腱脱臼の影響で7月以降のゲームに出場しておらず、もちろんEAFF E-1選手権に向けたメンバーにも入ることができなかった。

すでに怪我は完治しており、先日行われたバヤンカラとのプレシーズンマッチでも得意のヘディングで先制点をマーク。植田直通や昌子源らとのポジション争い…その行方は?

3. 清武 弘嗣

生年月日:1989/11/12 (28歳)
所属クラブ:セレッソ大阪(JPN)
ポジション:MF
日本代表での成績:43試合5得点

アルベルト・ザッケローニ政権後、日本代表の常連であった清武弘嗣。

一時は代えの利かない存在として中盤に君臨していたが、負傷もあり昨年は6月、9月、10月、11月と4つの代表ウィークでメンバー落ち。12月のEAFF E-1選手権でも再び怪我をし、試合に出場することなく途中離脱となった。

所属するセレッソ大阪はカップ戦で二冠を達成するなど調子が良いが、水沼宏太の台頭もあり、清武にとってはまずはクラブ内でのポジション争いが待っている。

4. 西川 周作

生年月日:1986/06/18 (31歳)
所属クラブ:浦和レッズ(JPN)
ポジション:GK
日本代表での成績:31試合0得点

日本代表の常連だった西川周作。その絶対的な地位が揺らいだのは、昨年5月だった。

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は記者会見で「パフォーマンスにあまり満足していない」と話し、イラクとのワールドカップ予選に向けた招集メンバーから外したのだ。

その後西川は9月、10月の代表戦でも招集されず、11月の欧州遠征で復帰。この間、柏レイソルGK中村航輔が選ばれており、12月のEAFF E-1選手権でも素晴らしいセービングを発揮しハリルホジッチ監督に強い印象を与えた。

ハリルホジッチ監督にとって、中村航輔はもはや本大会に向けた重要な主力候補の一人であるはず。西川は今、逆転でのメンバー入りを狙うという状況にあるかもしれない。

5. 中村 憲剛

生年月日:1980/10/31 (37歳)
所属クラブ:川崎フロンターレ(JPN)
ポジション:MF
日本代表での成績:68試合6得点

最後はJ1優勝チームから!もちろん、この37歳の司令塔にもロシアへの道は開かれている。

ヴァイッド・ハリルホジッチ政権後に招集された経験はないが、昨年8月に発表されたワールドカップ予選の予備登録リストに中村の名があった。

11アシストを記録した2017シーズンの活躍もハリルホジッチ監督にはもちろん届いており、「サプライズ招集」という形で登録メンバー入りする可能性もゼロではないはずだ。

中村の待望論はファンの間でも根強いが、果たして…。