矢のような弾道…味方GK唖然 豪快“20mオウンゴール”に仰天「悪魔が住んでいた」「天罰」

写真拡大

アル・ダフラDFアブドラが蹴ったボールは矢のような弾道で自陣ゴールを射抜く

 UAE1部のガルフリーグで驚きのオウンゴールが生まれた。

 自陣内のこぼれ球をクリアしようと蹴ったボールは、矢のような弾道で味方GKが守るゴールを射抜き、先制点を献上。試合にも敗れ、ファンから「悪魔が住んでいた」「天罰だな」と反響を呼んでいる。

 思わぬ形で“時の人”となったのは、リーグ最下位に沈むアル・ダフラのDFヤーセル・アブドラだ。

 2月3日の敵地アル・ジャジーラ戦、スコアレスのまま迎えた後半28分だった。アル・ダフルは中盤からロングボールを放り込まれ、ペナルティーエリア付近まで侵入を許した。相手のトラップが大きくなり、ボールがこぼれたところにアブドラが飛び込んだ。

 戻りながらの体勢で前線へのクリアが難しい状況下、足を出した相手に当てようとしたのか、29歳のDFは右足を一閃。しかし、インサイドでジャストミートしたボールは、ジャンプした相手の下を通過して猛スピードで自陣ゴールへ。浮き上がるような軌道を描き、最後は懸命にセーブに飛んだ味方GKをあざ笑うかのように、ゴール右上隅に突き刺さった。アブドラのまさかの一撃にGKも「なぜ?」とばかりに両手を広げて唖然とし、本人もオウンゴールが決まると頭を抱えて悔やんだ。

海外メディア、ファンも驚愕の反応

 UAEテレビ局「アブダビ・スポーツ」も公式ツイッターで「アル・ダフラのDFヤーセル・アブドラが自分のゴールに得点」と動画付きで紹介すると、返信欄には「このDFはストライカーだな」「彼は何を考えているんだ?」「悪魔が住んでいた」「天罰だな」と同情交じりのコメントが相次いだ。

 仰天オウンゴールを記録したうえ、試合も1-3で敗戦。アブドラにとってはまさに“悪夢の一日”となってしまったようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images