【紫月香帆の運気アップ風水】2018年に運をつかむための開運アドバイス

写真拡大

 “新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)「ボーナスコメントタイム」に、「2018年に運をつかむ人はどんな人ですか」という質問が寄せられた。開運セラピスト・紫月香帆は、運をつかむ人のタイプと、開運アドバイスをコメントした。

■2018年は積極性が大事な年。がんばる背中を後押ししてくれるアイテムは?

 2018年に運気がアップする人は、ズバリ「やる気がある人」。ただし、やる気があるだけではダメで、そのやる気がきちんと言葉や行動に表れていることが大切なのだとか。とは言われても、「なかなかそうはいかない」と感じる方もいるのでは? そこで紫月は、簡単にできる開運行動を2つ伝授してくれた。

★氏神様のお守りをバッグにイン!
 1つ目の開運行動は、仕事で使っているバッグの中に、自分が住んでいる土地を守る神社のお守りを入れること。「氏神様は自分にいちばん近い神様なので、すぐに応援してくれる」という。東洋の占術では、立春(2月4日)が1年のスタートとなる。お守りをいただきに、氏神様を訪ねてみよう。

★ミント味のタブレットでチャージ
 2つ目の開運行動は、ミント味のタブレットを食べること。「2018年はミントが力を与えてくれます。朝、会社に行く前や、大事な仕事の前に、ミント味のタブレットを食べてみてください」。2粒か7粒が、力をもらえる数なのだとか。
 
2018年はバッグに氏神様のお守りと、ミント味のタブレットをしのばせて。積極的に過ごしてみよう!
(サヨコ)

>>占いTVを見る

※画像出典/shutterstock