散歩中の男性にエアガンを乱射し軽傷を負わせたとして、兵庫県警長田署などは4日、傷害の疑いで、いずれも神戸市長田区で、大工の下谷海斗容疑者(20)、とび職の少年(18)、無職の少年(16)の3人を逮捕したと発表した。

 下谷容疑者ととび職の少年は容疑を認め、無職の少年は「わかりません」と否認している。

 逮捕容疑は1日午前6時ごろ、神戸市長田区本庄町の路上で、軽乗用車の車内から、エアガンを散歩中の無職男性(78)に向けて乱射し、顔面挫傷の軽傷を負わせたとしている。

 長田署によると、3人は地元の友人同士。神戸市内では同様の発射事件が他に2件発生しており、同署が関連を調べている。