日本対イタリア、1-3で敗北。杉田がフォニーニとのエース対決敗れ[デビスカップ]

写真拡大

男子テニスの国別対抗戦「デビスカップ」ワールドグループ1回戦、日本対イタリア(2月2〜4日/日本・岩手県/屋内・ハードコート)の第4試合(シングルス)で杉田祐一(日本/三菱電機)とファビオ・フォニーニ(イタリア)が対戦。杉田は、6-3、1-6、6-3、6(6)-7、5-7で惜しくも敗れた。この結果、日本は勝利数1-3でイタリアに敗北、残念ながらワールドグループ1回戦突破はならなかった。試合時間は4時間8分の激闘。

杉田は第4セットを6(6)-7で奪われ、試合は最終セットまでもつれ込んだ。

勝負の第5セット。すでに激戦となっているこの試合は、ここに来てもお互いサービスキープで譲らない立ち上がりを見せた。しかし第4ゲーム、先にサービスブレークを果たしたのは杉田。3日連続で試合中のフォニーニは途中メディカルタイムアウトを取り、足にかなりの負担がきている様子。一方の杉田も、ベンチでは足のマッサージを入念に受けていた。

死力を尽くしている両者は、どちらが一歩抜きんでるのかという壮絶な我慢比べに。杉田4-2でリードの第7ゲーム、今度は杉田が15-40でブレークポイントを握られるピンチ。フォニーニの厳しいカウンターに合い、ブレークバックを許してしまう。杉田は4-4の第9ゲームにもブレークされるものの、直後にはラブゲームでブレーク返し。素晴らしい気迫を見せた。

ところが、杉田5-5で迎えた第11ゲームは、杉田に大事なところでダブルフォルトが出てしまい、またもブレークを許してしまう。次のゲームも杉田は粘り続けたが、最後はフォニーニに押し切られ試合終了。杉田は幾度とチャンスがあったものの、惜しくも敗れてしまった。

日本チームのエースを務めた杉田はプレッシャーのかかる中、難敵フォニーニと4時間を超える激闘を見せてくれた。今回の結果は残念だったが、2017年のようにプレーオフでの勝利に期待したい。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「デビスカップ」でフォニーニに敗れた杉田祐一
(Photo by Kiyoshi Ota/Getty Images)