インドの21歳、S・シャルマが今季2勝目を挙げた(撮影:GettyImages)

写真拡大

<メイバンク選手権 最終日◇4日◇サウジャナG&CC(7,186ヤード・パー72)>
マレーシアのサウジャナG&CCで行われている欧州とアジアの共催大会「メイバンク選手権」の最終日。首位と4打差から出たシャハンカー・シャルマ(インド)が10バーディ・ノーボギーの“62”を叩き出し、トータル21アンダーで大逆転Vを収めた。昨年12月の「ヨハネスブルグオープン」以来となる今季2勝目。
【連続写真】スイング改造中の石川遼、問題は右サイドに!?
今季初勝利を狙い、首位と2打差から出た石川遼は5バーディ・2ボギーとスコアを3つ伸ばしたものの、逆転には至らず。谷原秀人らと並び、トータル16アンダー・5位タイで大会を終えた。
その他の日本勢は片岡大育がトータル12アンダー・23位タイ、宮里優作がトータル11アンダー・27位タイ、池田勇太がトータル9アンダー・39位タイで4日間を終えた。また、世界ランク12位のヘンリック・ステンソン(スウェーデン)はトータル6アンダー・60位タイで大会を終えている。
首位と2打差の2位にホルヘ・カンピージョ(スペイン)、3打差3位タイにパブロ・ララサバル(スペイン)、ライアン・フォックス(ニュージーランド)が入った。
【最終結果】
優勝:シュハンカー・シャルマ(-21)
2位:ホルヘ・カンピージョ(-19)
3位T:パブロ・ララサバル(-18)
3位T:ライアン・フォックス(-18)
5位T:石川遼(-16)
5位T:谷原秀人(-16)
5位T:ディラン・フリッテリ(-16)
5位T:ニノ・ベルタシオ(-16)
5位T:カリン・ジョシ(-16)
ファウラー、ラームがV争い ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン3日目の結果
【石川遼・復活優勝へ】従来の“石川スタイル”が、目前の1勝へのカギとなるか
石川遼、スイング改造の参考にしたのはあの名選手
シャハンカー・シャルマのプロフィール
【18年前半の近未来予想】キャロウェイ『ローグスターFW』が大爆発の予感!