<メイバンク選手権 最終日◇4日◇サウジャナG&CC(7,186ヤード・パー72)>
マレーシアのサウジャナG&CCで行われている欧州とアジアの共催大会「メイバンク選手権」の最終日、首位と2打差から今季初勝利を狙った石川遼は、5バーディ・2ボギーの“69”でフィニッシュ。トータル16アンダー・5位タイでこの日の競技を終えた。
【連続写真】スイング改造中の石川遼、問題は右サイドに!?
前半に2ストローク伸ばした石川だが、後半からはスコアを伸ばしあぐねた。サンデーバックナインは2バーディ・1ボギーと追い上げには至らず、日本人史上3人目となる欧州ツアー制覇はならなかった。
トータル21アンダー・単独首位はこの日“62”でリーダーボードを駆け上がったシャハンカー・シャルマ(インド)。3打差2位タイにホルヘ・カンピージョ、パブロ・ララサバル(ともにスペイン)、ライアン・フォックス(ニュージーランド)、5打差5位タイに石川、谷原秀人ら5人がつけている。
その他の日本勢は、片岡大育がトータル12アンダー・23位タイ、宮里優作がトータル11アンダー・27位タイ、池田勇太がトータル9アンダー・38位タイでいずれも競技を終えている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

ファウラー、ラームがV争い ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン3日目の結果
「予選通過すれば何が起こるか分からない」石川遼、優勝争いに急浮上
【石川遼・復活優勝へ】従来の“石川スタイル”が、目前の1勝へのカギとなるか
石川遼、スイング改造の参考にしたのはあの名選手
【18年前半の近未来予想】キャロウェイ『ローグスターFW』が大爆発の予感!