画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Appleは、ごく一部のiPhone 7において、メインロジックボードのコンポーネントの故障により、 モバイルデータ通信のサービスエリア内でもステータスバーに「圏外」と表示される場合がある問題を認め、無償で修理を行うと発表した。

この問題が確認されているのは、2016年9月から2018年2月までの間に製造され、中国、香港、日本、マカオ、および米国で販売された iPhone 7。本プログラムの対象となる iPhone のモデル番号については、AppleのWebサイトで確認できる。

本件に関し、すでに有償で修理を受けてしまったユーザーに対しては、Appleからメールで連絡が来た後に、返金手続きが実施される。本件に関係があると思われる修理を有償で行ったにもかかわらず、2018年3月末までメールで連絡がない場合は、各自、Appleに問い合わせていただきたい。