杉田祐一、第4セットは僅差で落とす。決着は最終セットで[デビスカップ]

写真拡大

男子テニスの国別対抗戦「デビスカップ」ワールドグループ1回戦、日本対イタリア(2月2〜4日/日本・岩手県/屋内・ハードコート)の第4試合(シングルス)で杉田祐一(日本/三菱電機)とファビオ・フォニーニ(イタリア)が対戦。第4セットは6(6)-7で杉田が落とし、セットカウント2-2となった。

杉田は第3セットを6-3で奪い、セットカウント2-1と先行。

続く第4セットも、第2・第3セット同様先にサービスブレークを許す杉田。第4ゲームにも再びピンチがあったが、そこはなんとか切り抜けブレークバックを狙う展開に。すると第5ゲームにフォニーニのダブルフォルトもあり、早い段階でブレークバックに成功。

直後の第6ゲームは、3セット目のようにまたも激しい攻防を見せる。杉田のナイスショットに再三ラケットを地面に叩きつけるフォニーニ。杉田はナイスゲームでここをキープすると、第7ゲームもラブゲームで見事なサービスブレークを果たす。このセットを巻き返し、今度は杉田が4-3とブレークを先行。

ところが杉田は5-4のサービスゲーム、フォニーニに追いすがられ土壇場でブレークバックをされる。ぎりぎりのところで流れが目まぐるしく変わる第4セット、終盤も両者譲らずタイブレークに。タイブレークは、1ポイント目を杉田がいきなりミニブレークするも、その後フォニーニに4ポイントを連取される。杉田は意地で追いつき6-6まで競り合うも、最後は6(6)-7でセットを奪われた。

先に3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。試合は現在、勝負の最終5セット目に進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「デビスカップ」に出場した杉田祐一(2017年「デビスカップ」出場時のもの)
(Photo by Kiyoshi Ota/Getty Images)