「残業禁止」のブランドが生む、幸せを運ぶレザージャケット

写真拡大 (全2枚)

持ち物にはその人の品格が出る。よい物には理由があるのだ。

ファッションディレクターの森岡 弘とベテラン編集者の小暮昌弘が「紳士淑女が持つべきアイテム」を語る連載。第11回は、「ブルネロ クチネリ」のレザージャケットをピックアップ。

小暮昌弘(以下、小暮):イタリア屈指のラグジュアリーブランド、ブルネロ クチネリのサファリジャケットですね。素材がスエードで、薄手のものが使われています。

森岡 弘(以下、森岡):実は、この製品、春夏向けのコレクションの新作なんです。

小暮:欧米、特にヨーロッパのブランドでは、スエードのアイテムは、秋冬ではなく、春夏の時期にコレクションに加えられることが多いですからね。

森岡:春先に着るのはもちろんですが、スエードは、避寒地、つまりリゾート地に出かけるときに着るのです、彼らは。湿度の問題もあると思いますが、初夏でも着てしまうんです。半袖のアイテムと合わせると日本では少し着にくいですが……。

小暮:でもこれはまるでシルクのような肌触りですから、肌離れもよさそうですし、スエードでも着やすいでしょうね。

森岡:革はそうとう上質なものを採用していますからね。サファリジャケット自体、カジュアルなアイテムなんですが、佇まいは単に”カジュアル”とは表現できないほど、洗練されている。高級感が素材や手の込んだ仕立てから立ち上ってくる感じがします。

小暮:ブルネロ クチネリはスーツやジャケットもつくっていますが、カジュアルな雰囲気の服に真骨頂を発揮するブランドですね。ラグジュアリーブランドとはいっても立ち位置が違うブランドです。

森岡:確かにイタリアブランドでも特別なポジションにあるブランドですね。

小暮:ブルネロ クチネリは、中部イタリア・ウンブリア州のソロメオ村に本拠を置くブランド。私がこのブランドのことを知ったのは『イタリア人の働き方』(内田洋子、シルヴィオ・ピエールサンティ著 光文社新書)で。この本の中で、この会社の経営方針を「金銭的な利益追求とはせず、人間としての尊厳を保つこととしている」と紹介し、世界に類を見ない会社だと書いてありました。

森岡:ソロメオ村に本社機能を置き、地域を復興させたばかりか、サッカー場や劇場をつくり、村の景観まで修復してしまったのです。カルチャーというか、崇高な精神性が感じられるのもこのブランドの大きな特徴ですね。

小暮:2013年には次世代の職人育成のための学校をこのソロメオ村に開いていますし、昨年は、ドイツのキール・インスティチュートから「グローバル経済賞」を得ています。イタリアだけでなく、世界で評価されているのです。

森岡:ファッションブランドもいまや社会的責任が重視される時代です。そういう時代性を感じさせるブランドの筆頭でしょうね。もちろん経営者ブルネロ・クチネリ氏のそうした考え方がデザインに投影されています。そこにシンパシーを感じてこのブランドを買われるお客様も多いのでは。

小暮:HPを見ると、彼の会社で禁止されていることは「残業」だそうです。「個人の生活や魂と肉体のバランスを保つための休息の時間を侵すことはあってはならない」と書かれています。「工場で働く人たちには終業後のメール、SNSでの連絡もしないようにしている」とも。やはりこんな会社、そうそうありませんよ。

森岡:買った側からすると、自分が払ったお金が世の中に流れていって役に立っているというのは、本当にうれしいことです。

小暮:”買って幸せな気分になれる”ブランド、これがブランドものを買う神髄だと思いますが、買う側だけでなく、服をつくっている側にも幸福感をもたらすブランド。ファッションの仕事をしている我々にとってもとてもいい話だと思いますよ。

森岡:本当にたくさんのストーリーをもった服と言えます。最後にサファリジャケットの話ですが、「クチネリカラー」と私は呼んでいますが、このベージュのようなグレーのような中間色がいいですね。微妙なトーンがセンスよく見せてくれます。彼の場合はこのジャケットだけでなく、どれもこうした中間色で着こなしをまとめることもポイント。でも着こなし方は意外にアグレッシブ。それでもソロメオ村の自然に由来する色が上品に見せてくれる。

小暮:大人のカジュアルに参考にしたいコーディネイションではないでしょうか。


森岡 弘◎『メンズクラブ』にてファッションエディターの修業を積んだ後、1996年に独立。株式会社グローブを設立し、広告、雑誌、タレント、文化人、政治家、実業家などのスタイリングを行う。ファッションを中心に活躍の場を広げ現在に至る。

小暮昌弘◎1957年生まれ。埼玉県出身。法政大学卒業。82年、株式会社婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。83年から『メンズクラブ』編集部へ。2006年から07年まで『メンズクラブ』編集長。09年よりフリーランスの編集者に。