先週開発者と登録テスター向けに公開されたiOS11.3ベータ1に、Appleが新しいシングルサインオン・システムを開発中であることを示すヒントが見つかった模様です。

Apple IDを使ったシングルサインオン

米メディア9to5Macは、iOS11.3ベータ1で見つかった「SecureChannel」というコンポーネントが、ユーザーがApple IDを使ってWebサイトにログインできるソリューションを示していると指摘しています。
 
SecureChannelに含まれている文字列は、この認証方法でWebサイトにログインすると、ユーザー個人のiCloudデータにアクセスすると記しています。このデータがどういったデータなのかは不明ですが、ユーザーの氏名とメールアドレスに限定されるのではないかと、9to5Macは推測しています。
 

 
つまり、ユーザーがサードパーティーのWebサイトにサインインするのに、Apple IDを入力さえすれば、サイト側がユーザーのiCloudデータにアクセスして認証を行う、という仕組みのようです。
 
基本的には、Apple TVのシングルサインオン機能とほぼ同じです。つまり一度サインインすると、もう一度パスワードなどを入力しなくても、その他のTVアプリにサインインできるというものです。

QRコードをスキャンする方法も

またカメラアプリでQRコードをスキャンすると、Apple IDの入力が促される、というコンポーネントも見つかっています。9to5Macは、特別に作成したQRコードをスキャンして、Apple ID入力を促すプロンプトを表示した画面のスクリーンショットを撮影、掲載しています(下の画像参照)。
 

 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)