杉田祐一、第2セットは落とす。セットカウント1-1に[デビスカップ]

写真拡大

男子テニスの国別対抗戦「デビスカップ」ワールドグループ1回戦、日本対イタリア(2月2〜4日/日本・岩手県/屋内・ハードコート)の第4試合(シングルス)で杉田祐一(日本/三菱電機)とファビオ・フォニーニ(イタリア)が対戦。第2セットは1-6で杉田が落とした。

第1セットを6-3で先取した杉田。

続く第2セットは、序盤からピンチを迎えていた。第1ゲーム、サイドへの鋭いアングルショットを次々決めたものの、杉田はここではサービスブレークならず。するとピンチを乗り切ったフォニーニは、直後のゲームで猛攻を見せる。杉田はこのセット先にサービスブレークを許してしまう。

杉田は少し集中力が下がってしまったのか、第6ゲームにもダブルフォルトから2度目のブレークをされてしまい1-5に。直後のゲームはフォニーニの連続サービスエースを浴び、そのまま第2セットを落としてしまった。セットカウントは1-1のイーブンに。

先に3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。試合は現在、第3セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「デビスカップ」で対戦中の杉田祐一(2017年「楽天ジャパンオープン」出場時のもの)