大好きな彼に「同棲しよう」なんて言われたら、「結婚が近いのかな?」などと浮かれてしまうかもしれません。

ですが、せっかく同棲しても結婚までたどり着かず、別れてしまうカップルも……。


出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、同棲を失敗しないために話し合っておくべきことをご紹介します。

 

■最初から決めすぎない!いざという時の「家事分担」の話

同棲する前に、“家事の分担”をキッチリ決めるカップルは多いようです。

しかし、最初のうちは分担どおりできていたとしても、仕事が急に忙しくなったり、体調を崩してしまったりすると、分担どおりに行えないこともあるでしょう。

最初から分担を決めすぎてしまうと、忙しくても「やるって決めたのにやってないじゃないか!」など、ケンカになってしまう恐れが……。

もちろん、ある程度の分担を決めておくことは大切ですが、時には“イレギュラーな事態”が起きてしまうもの。

「今日は彼女が忙しそうだから俺が料理するか」「体調悪そうだから私がやるね」というように、お互い柔軟に対応できるよう、あらかじめ話し合っておくといいでしょう。

 

■彼にとっては大切かも…「捨ててはいけないもの」の話

同棲中によくあるトラブルのひとつで、“相手の私物を勝手に捨ててしまうこと”が挙げられます。

特に、彼氏の趣味のアイテムを“ただのゴミ”と思ってしまう女性は少なくないようです。

しかし、彼氏からするとそれらのアイテムは“代えがたい宝物”である場合も。

同棲をする際は、お互いの私物や片付けの範囲について話し合っておくといいでしょう。

 

■避けては通れない「具体的なお金」の話

同棲をする前は、お互いの収入や貯蓄の話はそれほどしないかもしれません。しかし、同棲を始めるのであれば、お互いの収入や貯蓄額がどれくらいなのか、あらかじめ聞いておくといいでしょう。

お互いの収入が分かれば、「毎月の生活費はどれくらいに設定するか」「家賃はいくらなら余裕をもって払えるか」「毎月どれくらい貯金すべきか」など具体的な数字を出して、生活の参考にできるはず。

相手を「好き」な気持ちはもちろん大切ですが、生活していくにはどうしても“お金”が必要です。あとでもめないためにも、できるだけ具体的に話し合っておけるといいですね。

 

同棲をしていると、彼と価値観の違いを感じることもあると思います。同棲前に、少しでもお互いの価値観の溝を埋められれば、ケンカや思わぬトラブルを防げるかもしれません。

【画像】

※ George Rudy/shutterstock

【関連記事】

もはや黒歴史…「ワンナイトラブ後」に送ってしまった重すぎLINE

気持ちわるっ!正直理解できない「彼氏の性癖」エピソード

ゲスすぎる!本当にあった社内不倫エピソード【暇つぶし不倫の悲劇編】